インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

2012年のWordPressテーマデザインのトレンドとは?

デザインは一般的に流行というものがある。今やCMSの代表格といってもいいWordpressのテーマのデザインにも流行がある。2012年はどんなものが流行るのか。

Smashing Magazineのサイトでそんなトレンドを紹介している。

Smashing Special: WordPress Theme Trends For 2012: Design(Smashing Special:Wordpressテーマの2012年のトレンド:デザイン)
By Siobhan McKeown

Wordpress Theme

Responsive Design (レスポンシブ・デザイン)

In 2012, we’ll see responsive themes becoming the norm, rather than a novelty that some theme shops use to show that they’re up on fads. Mobile devices are becoming cheaper, with the Kindle Fire and Nook Tablet offering reasonably priced alternatives to the iPad for the average consumer. The proliferation of devices means that designers are having to rethink Web standards and best practices. Soon, people won’t ask if it’s possible for a theme to work on any device: they will expect it to.

2012年には、テーマを販売しているサイトが熱狂しているちょっと変わったものというよりは、レスポンシブ・デザインが普通になると見ている。平均的な消費者に対し、iPadの代替となるリーズナブルな価格のKindle FireやNook Tabletでモバイルデバイスも安くなった。デバイスの拡散はすなわち、デザイナがWeb標準とベストプラクティスを考え直さねばならないということを意味する。そのうち、人々はデバイス上でテーマが動作するかどうかを聞かなくなるだろう。当然動くことを期待するだろうから。

— レスポンシブ・デザインとは、各デバイスのディスプレイの幅に合わせてデザインを最適化するというもの。すでに常識になってきているので、今年は対応しないと完全に時代遅れとなってしまうかもしれない。

HTML5 AND CSS3

HTML5 brings with it 30 new elements, which we will hopefully see filter down to WordPress themes over the next year. As with responsive themes, an HTML5 theme in 2011 was a novelty. Theme designers and shops made a big deal out of their HTML5 themes. By the end of 2012, we expect to see designers not needing to shout about it, as HTML5 goes from novelty to standard. We also expect to see designers having more fun with CSS3, as Josh Byers does on the StudioPress blog.

HTML5は30の新しい要素をもたらし、来年にかけてWordpressのテーマに組み込まれていくものと思う。レスポンシブテーマと同様、2011年のHTMLテーマは特別なものであった。テーマのデザイナや販売サイトは、HTML5テーマを大げさに取り扱っていた。2012年の終わりまでには、HTML5が特別なものから標準となるであろうから、デザイナはHTML5について叫ぶ必要もなくなると思う。また、Josh ByersがStudioPress blogで書いているように、デザイナはCSS3を楽しめるものと期待している。

— これも明らかなように思います。

SIMPLICITY IS BEAUTIFUL: GOODBYE OPTIONS-FATIGUE (シンプルがいい:オプション疲れにさようなら)

When a user downloads a free theme, they expect to take some time setting it up. But with the huge choice of commercial themes out there, users who are prepared to pay for a theme will be far more discerning. The reason that users buy WordPress themes is because they can’t design for themselves. They need you, the WordPress designer, to make the important decisions for them, offering few options to help them make their websites look distinctive and to keep them from looking like their children designed them as part of a school project. 2012 will be a year of fewer options and increased usability in WordPress themes, and that can only be a good thing.

ユーザがフリーのテーマをダウンロードした際、セットアップに多少の時間がかかるとは思っている。しかし、ちまたの商用テーマは選択肢が多数あり、テーマに金を払おうというユーザは、はるかに鋭い洞察力をもつことになる。ユーザがWordpressテーマを買う理由は、自分でデザインできないからだ。ウェブサイトを際立たせ、学校のプロジェクトの一部としてデザインした子供のように維持していくための、重要な決定をおこなえるWordpressデザイナを必要としているのだ。2012年は、Wordpressのテーマにオプションがほとんどなく、より使いやすいものになる年であり、それは良いことだ。

— 確かに、商用テーマがデフォルトのままでは使い物にならず、出来栄えを確認しながら、オプションの設定をしていく必要があるので、大変です。

SIMPLICITY IS BEAUTIFUL: FRONT-END DESIGN (シンプルがいい:フロントエンド・デザイン)

Some great designers are producing gorgeous works-perfectly-out-of-the-box themes, like Briefed, which Cameron Moll produced for WooThemes in 2012. Designer and developer communities such as Dribbble and Forrst are full of inspirational WordPress theme designs; and since clean and minimal designs are still the rage these days, expect to see them a lot in WordPress themes.

偉大のデザイナの何人かは、2012年にCameron MollがWooThemesのためにつくっBriefedのようにゴージャスで完璧にすぐに使えるテーマを生成している。DribbbleやForrstのようなデザイナと開発者のコミュニティでは、心に響くようなWordpressテーマのデザインが溢れている。クリーンで最小限のデザインはまだ今日の流行ものであるが、さらに多くのWordpressテーマが出てくると思う。

— これが2012年のトレンドになるのかどうかはわからない。個人的にはシンプルなデザインの方がいいとは思うが。

THE RISE OF THE NICHE THEME (ニッチなテーマの台頭)

2012 will see more niche themes from established theme shops, and no doubt more niche theme shops will spring up: churches, sports associations and teams, real estate, travel, retail, the arts, whatever. Find your niche and own it.

2012年には、その地位を確立しているショップから、多くのニッチなテーマが出てき、さらには多くのニッチなテーマを対象としたショップが現れるであろう。教会、スポーツ、協会、チーム、不動産、旅行、小売、芸術、その他あらゆるもの。自身に向いたニッチを見つけ、買ってみれば。

— WordPressのテーマ販売の市場も大きくなったため、ニッチをターゲットにしてもビジネスになる素地が出来てきたと言う意味では、ニッチなテーマの年になるかもしれません。