インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

注目のHadoopベンダー12社:Microsoft

今最も注目されているものの1つがHadoop。InformationWeekに「12 Hadoop Vendors to Watch in 2012(2012年、注目のHadoopベンダー12社)」と言う記事があるので、それを見てみよう。

Microsoft Gets In The Game(ゲームに参戦するMicrosoft)

Microsoft (Source: InformationWeek)

EMC, IBM, and Oracle embraced Hadoop in a big way in 2011, so it shouldn’t be surprising that Microsoft is also getting in on the game. Microsoft introduced a beta Hadoop service on the Azure cloud platform last year, and this year it’s promising a Windows-compatible Hadoop-based Big Data Solution as part of its Microsoft SQL Server 2012 release (debut date unknown).

2011年にEMC、IBM、Oracleは、Hadoopに本格的に取り組んだ。したがって、Microsoftもまたゲームに参戦したのは驚きではない。Microsoftは昨年Azureクラウドプラットフォーム上のHadoopサービスのベータ版をリリースした。本年には、Microsoft SQLサーバ2012のリリースの一部として、Windows互換のHadoopベースBig Dataソリューションを出すと明言している(日程は不明)。

Running on Windows will be a new trick for an open source platform that has heretofore run on Linux. Will Microsoft’s release be free and open source? That has yet to be announced, and there’s also no word on whether there will be supporting appliances on third-party hardware, as there are (with HP and others) for the SQL Server Parallel Data Warehouse. Microsoft executives insist the distribution will be “consistent and compatible with the Apache Hadoop core.” That’s likely to be true given that Microsoft has partnered with Hortonworks, a Yahoo Spinoff that specializes in Hadoop, to develop the software distributions and propose contributions back to the Hadoop community.

これまでLinuxで動作していたオープンソースプラットフォームにとって、Windowsで動作することは新しい試みだ。Microsoftのリリースは無料でオープンソースになるのか?これについてはまだ未発表で、またSQL Server Parallel Data Warehouseをサポートするサードパーティ製ハードウェア(HP他)に対応するかどうかについて何も触れられていない。Microsoftの役員は、ディストリビューションが「Apache Hadoopコアと一貫性と互換性を持つ」と主張している。Microsoftが、YahooからのスピンオフでHadoopに特化したHortonworksと、ソフトウェアディストリビューションを開発し、Hadoopコミュニティに貢献内容を提案するべく、パートナーシップを結んだことを考えると、そうなるのかもしれない。