インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

注目のHadoopベンダー12社:MapR Technologies

今最も注目されているものの1つがHadoop。InformationWeekに「12 Hadoop Vendors to Watch in 2012(2012年、注目のHadoopベンダー12社)」と言う記事があるので、それを見てみよう。

MapR Technologies Claims Better Performance(より良い性能を主張するMapR Technologies)

MapR Technologies

MapR is a bit of a rabble rouser in the Hadoop arena, offering a unique distribution. This takes what the company wants from the open-source Apache project, while spitting out components it doesn’t like (particularly HDFS, which MapR considers a single point of failure, and replaces it with the Unix-based Network File System). This competitor to Cloudera and Hortonworks combines its M5 commercial Hadoop distribution with support, training, and consulting (an M3 distribution is free and 100% compatible with Apache Hadoop). MapR is partnered with EMC, which has adopted M5 as the basis of its EMC Greenplum HD Enterprise Edition.

MapRは、ユニークなディストリビューションを提供し、Hadoop分野におけるやや大衆扇動家のよう。だから嫌いなコンポーネント(特にMapRがSPOFと考えているのはHDFSで、UNIXベースのNFSと入れ替えている)を分離し、オープンソースApacheプロジェクトから欲しいところだけを取り込んでいる。ClouderaやHortonworksとの競合である同社は、M5コマーシャル版Hadoopディストリビューションと、サポート、トレーニング、コンサルテーション、(およびApache Hadoopと100%互換で無料のM3 ディストリビューション)とを組み合わせている。MapRは、EMC Greenplumn HDエンタープライズエディションの基本としてM5を採用しているEMCとパートナーを組んでいる。

The latest (0.23) version of Hadoop addresses many of MapR’s complaints about the Hadoop architecture, but that hasn’t stopped the company from continuing to push the performance envelope, claiming to offer faster performance than conventional Hadoop distributions while requiring half the hardware.

最新版のHadoop(0.23)は、Hadoopアーキテクチャに関するMapRの不満の多くに対応しているが、だからといって、半分のハードウェアで通常のHadoopディストリビューションよりも高速であると主張し、性能面をプッシュし続けることはやめてはいない。

— こういうのは、分かりやすくていいですね。