インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

さらに先へ行くInformatica

今最も注目されているものの1つがHadoop。InformationWeekに「12 Hadoop Vendors to Watch in 2012(2012年、注目のHadoopベンダー12社)」と言う記事があるので、それを見てみよう。

Informatica Goes A Step Further(さらに先へ行くInformatica)

Informatica

A number of data-integration and data-management vendors (IBM, Oracle, Syncsort, Talend) have tackled the obvious: getting data into and out of Hadoop. Informatica went a step further in October when it introduced HParser, a data-transformation environment optimized for Hadoop. The software supports processing of any file format inside Hadoop with scale and efficiency, according to Informatica, giving Hadoop developers out-of-the-box parsing capabilities to address complex and varied data sources, including logs, documents, binary or hierarchical data, and industry standard formats (such as NACHA in banking, SWIFT for payments, FIX for financial data, and ACORD for insurance). Just as in-database processing speeds various analytic approaches, Informatica is putting parsing and, soon, other data-processing code inside Hadoop to take advantage of all that processing power.

データインテグレーションやデータマネージメントのベンダー(IBM、Oracle、Syncsort、Talend)の多くは当たり前のことに取り組んできた。すなわち、Hadoopにデータを送り込む、データを取り出すことだ。Informaticaは10月にさらに先に進み、Hadoop向けに最適化されたデータ転送環境HParserを市場投入した。Informaticaによれば、このソフトウェアはHadoop内のあらゆるファイルフォーマットを、スケーラブルかつ効率良く処理することができ、Hadoop開発者に、ログ、ドキュメント、バイナリ、階層型データ、業界標準フォーマット(バンキングにおけるNACHA、金融機関間通信のSWIFT、金融間データのFIX、保険向けACORDなど)を含む、複合的かつ様々なデータソースに対応した、すぐに使えるパーシング機能を提供する。データベース内処理が様々な分析手法を高速化するのと同様、Informaticaもパーシングを、そしてまもなくその他のデータ処理コードもHadoopの中に取り込み、処理パワーをフル活用するようになる。

Informatica aims to provide a single platform that can handle the sweep of data-management and data-integration needs with a consistent environment and approach. The company has more than 4,300 customer firms, and it estimates more than 10% are moving into the big-data realm (exceeding 100 terabytes). Market presence and innovation make Informatica a Hadoop-savvy vendor to watch.

Informaticaはデータマネージメントとデータインテグレーションの必要性に対応するために、統一的な環境と手法によるシングルプラットフォームを提供することを狙っている。同社には4300社以上の顧客がおり、そのうち10%以上はビッグデータの領域(100テラバイトを超える)に入ってきていると予測する。マーケットプレゼンスや革新性により、InformaticaはHadoop通のベンダーとして注目に値する。