インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

注目のHadoopベンダー12社:Hadapt

今最も注目されているものの1つがHadoop。InformationWeekに「12 Hadoop Vendors to Watch in 2012(2012年、注目のHadoopベンダー12社)」と言う記事があるので、それを見てみよう。

Hadapt Unites Relational And Hadoop Environments(リレーショナルDBとHadoop環境を統合するHadapt)

Hadapt

Hive, the Apache data warehousing component that runs on top of Hadoop, has a reputation for being slow. Enter Hadapt, which provides an all-in-one analytics environment designed to handle analysis across data in Hadoop, as well as conventional structured data in SQL environments. Hadapt says the usual approach of using two separate systems linked with bolt-on connectors introduces delays and promotes a siloed approach. Hadapt’s platform, which is designed to be run on private or public cloud environments, provides access to all data from one environment, so existing SQL-based tools can be used as well as MapReduce processes and big-data analytics. Hadapt automatically splits query execution between the Hadoop and relational database layers, providing what Hadapt describes as an optimized environment that leverages the scalability of Hadoop and the speed of relational database technology.

Hadoopの上で動作するApacheデータウェアハウスコンポーネントであるHiveは遅いと評判だ。Hadaptに入れば、Hadoop内わたるデータおよびSQL環境の通常の構造化データとの分析を行えるようにデザインされた、オールインワンの分析環境を提供する。Hadaptによれば、2つの異なるシステムをボルト付けしてつなげるような通常の手法では、遅延が発生し、個別的手法が促進される。Hadaptのプラットフォームは、プライベートクラウド環境でもパブリッククラウド環境でも動作するように設計されており、1つの環境から全てのデータにアクセスできるため、既存のSQLベースのツールに加えて、MapReduceプロセスやビッグデータ・アナリティクスも可能だ。Hadaptは自動的にクエリ実行をHadoopとリレーショナルデータベース層に分割し、Hadaptが最適化環境と呼ぶ、Hadoopのスケーラビリティとリレーショナルデータベース技術のスピードとを活用できる。

– これもなかなか面白い。