インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

スーパーコンピュータを地下水で冷やす

スーパーコンピュータと言えば、発熱量が悩みの1つ。如何に冷やすかが常に大きな課題です。そこでInformationWeekのちょっと面白い記事。

Supercomputer Cools Off Using Ground Water(スーパーコンピュータを地下水で冷やす)

The Department of Energy is no stranger to supercomputers, and its Pacific Northwest National Lab has proven that it can continue to be an innovator in the field by using what the lab terms a “unique” groundwater-fed cooling system in the lab’s newest supercomputer, Olympus.

エネルギー省はスーパーコンピュータの素人じゃない。その傘下のパシフィック・ノースウェスト国立研究所は最新スーパーコンピュータOlympusに備わる、同所が「ユニーク」な地下水冷却システムと呼ぶものによりその分野でも革新的であり続けていることを証明した。

Pacific Northwest National Laboratory

The novel cooling system translates normal groundwater into big savings for the new 162 teraflop supercomputer, which is being used in energy, chemical, and fluid dynamics research.

新型冷却システムは通常の地下水を使うことにより、エネルギー、化学、流体力学の研究に使用される162テラフロップスのスーパーコンピュータOlympusが稼動する米パシフィック・ノースウェスト国立研究所に大きなコスト削減をもたらす。

Most supercomputers rely on air conditioning or chilled water to cool powerful computing clusters. Olympus’ system, on the other hand, uses 65-degree groundwater. The water is fed into a closed loop of water pipes that absorb the heat created by the machine’s powerful computing capacity. Some of that tech is supplied as part of Motivair’s Chilled Door High Density Rack Cooling System.

多くのスーパーコンピュータは、強力なコンピューティングクラスタを冷却するために、空調や冷水システムに依存している。一方Olympusシステムは65度(摂氏15度)の地下水を使っている。水は、ウォーターパイプのクローズドループに供給され、マシンの強力なコンピューティング能力によって生成される熱を吸収する。いくつかの技術は、Motivairのドア冷却高密度ラック冷却システムの一部として提供されている。

That setup translates into 70% less energy use than traditionally cooled systems, which add up to $61,000 in annual cooling costs. “We don’t need mechanical cooling, don’t have any chillers, and are doing the cooling relatively close to the source of the heat,” Kevin Regimbal, director of institutional computing at Pacific Northwest, said, rattling off the reasons for the savings. “We’re cooling for the cost of moving water around.”

これは、従来の冷却されたシステムと比較して、70%のエネルギー節減を意味し、年間冷却コストは61000ドルになる。「機械的な冷却は不要だ。チラーはなく、熱源に比較的近いところで冷却している」とパシフィックノースウェストのInstitutional computingのディレクターKevin REgimbal氏は節約の理由を元気に語った。水を移動するコストで冷却している。」

Olympus has a peak processing speed of 162 teraflops, can write information to disk about 800 times faster than a normal PC, has 38.7 terabytes of RAM and 4 petabytes of disk space, and is powered by 1,200 dual AMD Interlagos 16-core processors. Olympus is Pacific Northwest’s second supercomputer at the 162 teraflop scale, the other being a two-year old supercomputer named Chinook.

Olympusはピーク処理性能162テラフロップスで、通常のPCよりも約800倍のスピードでディスクに情報を書き込める。38.7テラバイトのメモリ、4ペタバイトのディスクスペースを持ち、1200個のデュアルAMD Interlagos 16コアのプロセッサを具備する。Olympusはパシフィックノースウェストの2台目の162テラフロップスのスケールを持つスーパーコンピュータで、もう一方はChinookと呼ばれる2年前のものだ。

Olympus is housed in the lab’s 10,000 square foot Computational Sciences Facility, which opened in 2009. While the groundwater-fed cooling system is currently only used with Olympus (the rest of the data center is cooled by more traditional means), Regimbal says that the lab has thus far been pleased with the results, and is considering expanding the new cooling system’s footprint going forward.

Olympusは同所の2009年にオープンした1万平方フィートの計算科学の建屋内にある。地下水冷却システムは現在Olymusにのみ用いられており、データセンターの他の部分は従来型の方法で冷却されている。Regimbal氏によれば、同所は結果には満足しておらず、新冷却システムを拡張していくことを検討している。