インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

今年のIT分野での大失敗を振り返る-Cisco

いろいろあった2011年も年末モードに突入。2011年はこんなことがあった、2012年はこうなる、というポストが増えていますが、振り返るなら失敗から学ぶ方がいいかと思い、InformationWeekのこのポストを取り上げる。

12 Epic Tech Fails Of 2011(2011年のIT分野での12の大失敗)

2. Cisco Flips Its Consumer BizHP (CISCO、消費者向けビジネスを投げ出す)

Cisco Systems  Inc

In early 2009, Cisco acquired Pure Digital, maker of the ever-popular Flip video camera, for almost $600 million. The Flip devices had ushered in a new form factor, packaging HD video into a camera the size of a deck of cards.

2009年初め、Ciscoは、人気のフリップ型ビデオカメラのメーカ、Pure Digital社を約6億ドルで買収。HDビデオをカードの束の大きさのカメラにパッケージし、新しい大きさで世に出した。

Cisco saw a chance to put its brand behind a device whose traffic would fill the pipes of an Internet built on Cisco technology. It saw a device into which it could embed its dominant Wi-Fi technology, catering to the YouTube and Facebook generation. And it saw an opportunity to build its brand with consumers instead of remaining a faceless company behind utility infrastructure.

Ciscoは、そこから発生するトラフィックがCiscoの技術の上に構築されたインターネットを通ることになるデバイスに自社のブランドをつけるチャンスだと見た。独占的なWiFi技術を組み込め、YouTubeやFacebook世代に提供できると見た。また、ユーティリティインフラの後ろで顔のない企業でありつづけるのではなく、消費者から見えるブランドを構築するチャンスとみた。

And then in late 2010, with hype normally reserved for a new i-something, Cisco presented us with Umi, a home telepresence system that was sexy good, though flawed from here to Cisco Way.

2010年終わりには、新しいi-何とかに見られる誇大広告とともに、CiscoはUmiを公開。ホームテレプレゼンス・システムで魅力的だが、こちらとCisco流との間に溝があった。

Cisco’s consumer foray became a major distraction for the company, which at the same time was trying to define and own a new generation of data centers behind its Unified Computing and Servers (UCS) architecture, competing with the likes of HP, Brocade, and Dell as it struggled to maintain the profit margins it once commanded. In April, Cisco abandoned its Flip business after only two years. Cisco was slow to re-invent it, or re-invent itself.

Ciscoの消費者市場への試みは、同社の主たる動揺のタネとなり、同時に、一時期は得られていた利益率を維持するのに苦しんでいたため、HP、Brocade、Dellなどと競合するUnified Computing and Servers(UCS)アーキテクチャの背後にある、新しい世代のデータセンターを定義し、支配しようとしていた。4月にはCiscoはたった2年後、Flipビジネスを捨ててしまった。Ciscoはビジネスを再構築することも、同社自身を再構築することも遅かったのだ。

— 企業向けと消費者向けは大きく異なるビジネス。企業の根幹を変える心構えで望まない限り、成功無し、か。

関連記事:
1. 今年のIT分野での大失敗を振り返る- HP and Apotheker
2. 今年のIT分野での大失敗を振り返る-Cisco
3. 今年のIT分野での大失敗を振り返る-RIMのあれやこれや
4. 今年のIT分野での大失敗を振り返る-Apple以外のタブレットメーカ
5. 今年のIT分野での大失敗を振り返る-iPhoneのバッテリ問題
6. 今年のIT分野での大失敗を振り返る-AT&TのT-Mobile買収劇
7. 今年のIT分野での大失敗を振り返る-VMwareの不評な価格付け
8. 今年のIT分野での大失敗を振り返る-インターネットを止めたエジプト
9. 去年のIT分野での大失敗を振り返る-Zuckerberg氏米連邦取引委員会に行く
10.去年のIT分野での大失敗を振り返る-Carrier IQ、Spywareの暴挙を始める
11.去年のIT分野での大失敗を振り返る- うまくいっていない米癌研プロジェクト
12.去年のIT分野での大失敗を振り返る-ハッカーアタック:RSAとソニー