インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

もう1つの買収ターゲットリストはこれだ!パート2

買収の話はもういいか、という感じもするが、元ネタはパート2があったので、映画みたいですが、こちらもパート2を。

先日、「次の買収ターゲットはどのSaaSだ」という記事をポストしたが、他のサイトにも似たような記事が出ていた。

ソースはSeeking Alpha

Cloud Computing Takeover Targets: Part 2(クラウドコンピューティング買収ターゲット:パート2

6. NetSuite

NetSuite is a leading vendor of cloud computing business management software suites. NetSuite is the prized property in its playing field and would be a great acquisition. Keep in mind with 2012 EPS estimated at $0.21 per share and revenues of $294 million this would come with some steep dilution. Also remember that the majority of the stock is held by insiders and with Larry Ellison as the largest shareholder it would seem logical that NetSuite is eventually going into the Oracle fold.

NetSuiteは、ビジネス・マネージメント・ソフトウェアスィートのリーダー。NetSuiteは、同社が取り扱っている分野で貴重な財産を持っており、買収する価値は大いにある。2012年の1株あたりの利益は0.21ドルで、売り上げ2億9700万ドルであるため、急激な希釈になる。また、株の過半数はインサイダーと最大株主であるLarry Ellisonであるため、NetSuiteがいずれOracle軍団下になるのは論理的であるように思える。

— クラウドのERPとして確固たる地位を築いていると思いますが、あまり儲かってないということですね。

7. Salesforce.com

The name Salesforce.com is synonymous with cloud computing. If one of the large cap tech companies (perhaps IBM?) wanted to make a dramatic move to advance their cloud presence then Salesforce.com might be the answer. At $17 billion this company has the largest market cap of the cloud companies in our universe which certainly limits the number of potential suitors. Likewise, with estimates of $1.63 EPS and $2.9 billion in revenue next year this one brings a lot of dilution to the table.

Salesforce.comの名前はクラウドコンピューティングと同意だ。大きな資本を持つテックカンパニーの1つ(例えばIBM?)がクラウドでのプレゼンスをダイナミックな動きで推し進めようとするなら、Salesforce.comが答えかもしれない。170億ドルでこの企業は、クラウド企業で最大の資本を持つため、潜在的にフィットする企業は数限られる。同様に、来年29億ドルの売り上げ、1株当たり利益1.63ドルの予想であるため、大きな希釈が発生する。

— IBMの場合、1株当たりの利益が10ドル以上あるようですから、それと比べると希釈化は避けられないですね。

8. SPS Commerce, Inc.

SPS Commerce is another 100% SaaS pure play. The company is profitable with EPS estimated at $0.25 this year and $0.46 next year and revenue at $57 million this year and $70 million next year. This company should also be an easily digestible “bolt on” transaction for any number of potential acquirers.

SPS Commerceも100%SaaSを生業としている。同社は今年1株当たり0.25ドルの利益で、来年は0.46ドル、売り上げは今年5700万ドル、来年7000万ドルを見込んでいる。同社は、潜在的な多数の買収者にとって、パクッといけてしまう規模だ。

— 利益が出ていて、規模もさほど大きくない。多くの企業にとって食べ頃ということか。

9. Taleo Corp.

Taleoは「次の買収ターゲットはどのSaaSだ」で取り上げたので省略。

10. Ultimate Software Group, Inc.

Like Taleo, Kenexa and Cornerstone this company competes in the same SaaS HR space as SuccessFactors. Ultimate is estimated to earn $0.66 this year on $268 million in revenue and $1.03 next year on $329 million in revenue

Taleo、Kenexa、Cornerstoneと同様、この企業もSaaS人材管理分野をターゲットにしており、SuccessFactorsと競合する。Ultimateは今年の利益は1株当たり0.66ドル、売り上げ2億6800万ドルの予想。来年は利益1.03ドル、売り上げ3億2900万ドルの予想だ。

— これからハンドリングが難しそうだ。