インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

次の買収ターゲットはどのSaaSだ?

ZDNETに非常に気になる記事を発見。

「The cloud shopping list: Assessing the next SaaS takeover targets (クラウドショッピングリスト:次の買収ターゲットとなるSaaSを評価する)」

By  2011年12月6日

世の中ショッピングシーズンが始まったからといって、クラウドのショッピングリストを作らなくても、なんて思っちゃいけない。

The backdrop for traditional on-premise software vendors could get scary. Cloud companies threaten the lucrative maintenance revenue model and line of business executives (HR, sales and marketing etc.) may end up with larger technology budgets than the CIO.

従来のオンプレミスソフトウェアベンダーの状況は悪くなるはずだ儲けのネタであるメンテナンス売り上げや業務のメインストリーム(人事、営業、マーケティング他)を脅かすクラウド企業は、CIOが見ている予算より、大きな予算を得ることになりかねない。

As a result, we’re in for a big game of let’s make a deal. Here’s a list of companies that may make the most likely to be acquired list:

結果、取引をまとめよう、というビッグゲームの真っ只中にいる。買収リストの最も入っていそうな企業のリストはこれだ。

Taleo. As the largest independent human capital software management company, Taleo is a no-brainer takeout target for Oracle. Oracle does have Fusion HCM, but Taleo would make a likely purchase, said Wall Street analysts Meanwhile, Taleo wouldn’t be that expensive for Oracle—cheaper than SuccessFactors—and the two companies are friendly. Taleo CEO Michael Gregoire touted Oracle on stage at OpenWorld. Of course, Taleo is more expensive today than it was last week. Shares popped more than 20 percent on the idea that Taleo is as good as sold.

Taleo 最大の独立系人材管理ソフトウェア会社であるTaleoは、明らかなOracleの買収ターゲットだ。OracleはFusionという人材管理ソフトウェアを持っているが、Taleoは買われる、とウォールストリートアナリストに言われており、TaleoはOracleにとって高い買い物ではないのだ。(SAPが買収した)SuccessFactorsよりも安く、2社は友好的なのだ。TaleoのCEOであるMichael Gregoire氏はオープンワールドのステージでOracleを褒めちぎっていた。Taleoが売られるという考えのもと株価は20%以上あがった。

Talent

— OracleがTaleoを買う可能性は相当高いかも。

Cornerstone. William Blair analyst Laura Lederman noted that Cornerstone can benefit from the SAP-SuccessFactors deal . SAP’s SuccessFactors acquisition sets a premium for fast growing cloud companies and that would benefit Cornerstone. In addition, the SAP purchase of SuccessFactors is likely to hamper sales and benefit rivals like Cornerstone.

Cornerstone William BlairのアナリストLaura LedermanはCornerstoneは、SAP-SuccessFactorsの取引によって利を得ることになるとしている。SAPがSuccessFactorを買収したことにより、急速の成長する企業にプレミアム価値が付き、そのことがCornerstoneの利になると。また、SAPがSuccessFactorsを買収したことは、Cornerstoneなどのライバルの売り上げや利益を阻害する可能性がある。

— SAPがSuccessFactorsを買収した結果がどうなるかによって、動きが激しくなる可能性がありますね。

Ultimate Software. Another HR company that is focused on cloud subscriptions and may be a less expensive option than Taleo.

Ultimate Software. もうひとつの人材管理ソフトでクラウドサブスクリプション型にフォーカスしており、Taleoよりも安い買い物かもしれない。

ZDNETによれば、「レーダーの下を飛んでいる」、つまりまだ捕捉されていないが、ターゲットにされるかもしれない、と。

Concur and Ariba. The argument here is that other cloud companies that address areas not targeted by large enterprise software vendors may see some merger and acquisition love.

ConcurおよびAriba ここで言いたいことは、大企業向けのソフトウェアベンダーがターゲットにしていない分野にフォーカスした他のクラウド企業も合併や買収にあうかもしれない。

End note: Some of the early feedback to this post revolved around the presumption that other buyers would be as willing to pay a premium as SAP. For instance, Oracle may not pay up for Taleo. In fact, Oracle may not want Taleo at all. There will be software mergers and acquisitions over the next five years, but it’s unclear what happens when Oracle and SAP stop feeding at the SaaS trough.

最後に この記事への初期のフィードバックには、他の買い手はSAPのようにプレミアム価格を支払うだろうと推定しているあたりが話題になっていた。たとえば、OracleはTaleoを買わないかもしれない。OracleはTaleoを全く欲しないかもしれない。ソフトウェア企業の合併と買収は今後5年ほど続くと思われるが、OracleやSAPがSaaSに金をつぎ込まなくなるとどうなるかは不透明だ。

When the SaaS music stops you could be left with the following:

  • Acquired SaaS companies die within larger software vendors.
  • The SaaS parties left out either become strong in their own right or struggle as they battle giants.
SaaSの「音楽」が終わると後に残るのは、
  • 買収されたSaaS企業はより大きなソフトウェアベンダーの中で死に絶える
  • 残ったSaaSは、自らの世界の中で強くなっていくか、巨人との戦いでもがく。
— 名言しないかもしれないが、「飼い殺し」、いや「買い殺し」にしてしまう、なってしまう例も多いしね。よそに取られるぐらいなら、買ってしまえというのもあるかもしれません。