インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Hertzとチケットマスター、レンタカーとチケット販売がドッキング

今ひとつ、ピンとこないが何やら気になるニュース。

Fastcompany.com
Hertz Takes A Road Trip With Live Nation (HertzがLive Nationと車の旅に出る)
BY CHRISTINE CHAMPAGNEMon 2011年12月5日

Few things go together like music and road trips, so how about a Hertz rental car with those concert tickets? As of January 1, 2012, you’ll be able to book both through Ticketmaster.com as well asLiveNation.com. The integration of a rental car into the ticket-buying process is a key component of a multi-year sponsorship and marketing alliance Hertz has entered into with Ticketmaster’s parent company Live Nation Entertainment.

音楽と車の旅ほどマッチするものはない。ならば、Hertzレンタカーとコンサートチケットを一緒にするのはどうか。2012年1月1日には、Ticketmaster.comおよびLiveNation.comから予約できるようになる。HertzはTicketmaster.comとTicketmasterの親会社のLive Nation Entertainmentと複数年のスポンサーシップとマーケティング・アライアンス契約をし、その主たる要素として、レンタカーをチケット購入プロセスに統合することになった。

— Live Nationは米国最大のコンサートプロモータ。そのLive NationがTicketmasterを2010年1月に買収した。

Hertz, Ticketmaster, Live Nation

The Live Nation deal is actually part of an larger “Movin’ with Music”-themed effort on the part of Hertz to tap into the power of music to reach a younger demographic—more specifically, 18- to 34-year-olds. The initiatives make Hertz the latest brand to forge connections with musicians and the music industry to boost its brand identity.

Live Nationとのディールは、より大きな「Movin’ with Music (音楽と移動)」というテーマの一部で、Hertzが音楽の力で若い層、具体的には18才から34才の年代層にアピールしようとしているもの。ブランドアイデンティティを向上させるために、音楽家と音楽業界とのつながりを作ることにより、Hertzを最新のブランドにしようというイニシアティブだ。

Through Ticketmaster.com and LiveNation.com, Hertz will offer ticket buyers the chance to rent vehicles—ranging from luxury sedans to SUVs to sports cars—from a specialized Hertz Concert Collection. Concertgoers who rent a car from Hertz will get driving directions to the concert through NeverLost, the car rental company’s navigation technology, as well as access to VIP parking at the venue. And here is a plus for members of the 25-and-under crowd who book with Hertz through Ticketmaster: They won’t have to pay a young renter’s fee.

Ticketmaster.comとLiveNation.comを通して、チケット購入者はHertzの車、特別なHertzコンサートコレクションから、ラグジュアリなセダンからSUV、スポーツカーまで、をレンタルすることができる。Hertzから車を借りるコンサート好きには、同社のナビゲーション技術であるNeverLostがコンサート会場までの道順を教えてくれ、会場ではVIPパーキングを使える。TicketmasterからHertzを予約した25才以下のメンバーには特典:若者レンタル利用料を支払わなくてもよいのだ。

— 昨秋オレゴンに行った際に、Hertzを借り、NeverLostを利用しました。日本のナビのような画面の凝り方ではなく、音声が中心でしたが、なかなか優れものでした。まさに迷うことはなかったです。(当初は音声に慣れず、戸惑いましたが次第に慣れました)

Why is music such a valuable marketing tool? Wallach says Live Nation research shows that young people aren’t just interested in music—they are passionate about it. And, according to Wallach, the concert-going experience is a particularly engaging experience for a brand to be involved with. “You buy the ticket three to six months ahead of time. You might even plan a trip around the concert and rent a car. You upload photos of yourself getting ready for the show, and you tweet about the experience while you’re at the venue. After the show you write a review and share the set list, and you save your ticket stub,” Wallach muses. “There are very few experiences in life that people spend so much time on.”

何故音楽がかくも貴重なマーケティングツールなのか。Live Nation EntertainmentのWallach社長によれば、Live Nationの調査で、若者は単に音楽に興味があるのではなく、熱い思いを持っていることを示している。またWallach社長によれば、コンサートに行くという経験は特にブランドが関与すべきものだと。「3ヶ月から6ヶ月前にチケットを買う。コンサートに絡めて旅行の計画を立てたり、車を借りるかもしれない。ショーに行く準備がととのったところを写真にとってアップロードしたり、会場での雰囲気をツィートしたりする。ショーが終われば、レビューを書き、題目をシェアする。チケットの半券は保管しておく。こんなに多くの時間を割くような体験は人生のなかでそんなに多くない。」

While we won’t be able to judge the success of the Hertz/Live Nation pairing until the summer concert season heats up, the relationship with Live Nation could prove to be a huge driver for Hertz—Ticketmaster.com is one of the web’s top five eCommerce sites with more than 26 million unique monthly visitors.

サマーコンサートシーズンが深まらないと、Hertz/Live Nationの合体が成功するかどうかは判断できないが、Live Nationとの関係はHertzにとって巨大なドライバーになるであろう。Ticketmaster.comはEコマースの上位5位に入るウェブサイトで、月に2600万のユニーク訪問者がいるのだから。

— 米国は広いので、コンサートに行くとなれば、隣の州なり都市までわざわざ出かけていくということになるのでしょう。その際、車で行くしかないので、その足にHertzを、ということなのでしょうか。

— 日本では車で行けるコンサートホールはさほど多くなさそうですが、特別な車で、VIP用駐車スペースに止められる、となれば需要は高いかもしれません。