インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Foxconnがクラウドセンターに6300万ドル投資

Foxconnと言えば、世界最大の電子機器受託生産を誇る台湾企業。鴻海精密工業が企業名で、Foxconnはブランド名(富士康)。iPadやiPhoneのパーツ生産でも知られている。

そのFoxconnがクラウドセンターに投資するというニュースだ。

CloudBeat
Foxconn makes $63M investment in cloud computing centers(Foxconn、クラウドセンターに6300万ドル投資)

Jennifer Van Grove 2011年11月25日

Proving that cloud computing is more than a here-today-gone-tomorrow fad, Foxconn, the Taiwanese electronics manufacturer, will spend $63.3 million over the next five years to construct two cloud computing buildings.

クラウドは今日ここにあるが明日はわからない熱狂以上のものをもって、台湾電子機器製造会社のFoxconnは、2箇所のクラウドコンピューティングビルを建てるために今後5年間で6330万ドルを投資する予定。

Foxconn Technology Group

Foxconn, which is best known in the U.S. as the maker of key parts for Apple’s iPhone and iPad, will start building its cloud complex on a 4.57-acre lot at Kaohsiung Software Park in southern Taiwan beginning December 1, according to a Digitimes report that cites sources familiar with the company’s plans.

Foxconnは米国ではアップルのiPhoneやiPadの重要パーツのメーカとして知られているが、Digitimesによれば、Foxconnに近い筋の情報として、12月1日より、台湾南部の高雄市ソフトウェアパークに4.57エーカー(約18700平方メートル)のクラウドコンプレックスの建設を開始する。

The cloud complex will employ 3,000 software engineers and house three centers: “a cloud computing center to be equipped with an internally developed container data center; a software development center focusing on cloud computing, digital content, security monitoring, and environmental protection; and a technological innovation incubation center,” Digitimes reported.

クラウドコンプレックスは3000人のソフトウェアエンジニアを雇い入れ、3つのセンターを収容する。「内部で開発したコンテナー型データセンターを装備したクラウドコンピューティングセンター、クラウドコンピューティング、デジタルコンテンツ、セキュリティモニタリング、環境保護に特化したソフトウェア開発センター、技術革新インキュベーションセンター」(Digitimesによる)

The pricey investment highlights just how significant cloud infrastructure and applications could be to the next wave on Internet innovation.

多額な投資はいかにクラウドインフラとアプリケーションがインターネット革新の次の波になるうるかということを表している。

— 6300万ドルというと、50億円、つまり年10億円ということだ。大きいと言えば大きいし、Foxconnの規模から言えば小さいかもしれない。ポイントは、製造会社がソフトウェア開発やアプリケーションに投資する点か。Foxconnの動きは要注目だ。