インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

スティック・コンピュータがあらゆるデバイスをアンドロイド端末に変える

FXI Technologies社のCotton Candyが話題になっているようです。Cotton Candyとは、綿アメのことですが、これはなんでしょう?CloudBeatのサイトの記事をみてみましょう。

CloudBeat
This computer-on-a-USB-stick turns any device into an Android terminal (このUSBスティックコンピュータはあらゆるデバイスをアンドロイド端末に変える)

by Jolie O’Dell 2011年11月18日

Remember that $25 computer-on-a-stick we showed you a couple months ago?

数ヶ月前に見せた25ドルのスティックコンピュータを覚えているだろうか?

— もちろん見ていないのですが、USBフラッシュドライブ大のコンピュータでLinuxが動作するものでした。

This gadget might seem familiar: It’s a dual-core computer on a USB drive, and its makers say it’s all about computing from any screen, anytime, anywhere.

このガジェットは同じようなものに見えるかもしれない。USBドライブ上で動くデュアルコアコンピュータで、メーカーによれば、どのような画面でも、いつでも、どこでも動くコンピュータだ。

The drive, called Cotton Candy, will turn any screen you connect it to into an Android station. You can plug it into a TV, a tablet, a laptop (PC or Mac) — you name it.

Cotton Candyと呼ぶドライブは、接続したあらゆるスクリーンをアンドロイド端末に変える。テレビ、タブレット、ラップトップ(PCでもMACでも)、何にでも挿し込める。

The device’s maker, FXI Technologies said in a statement that Cotton Candy was designed to “bring cloud computing to almost any screen.” In a word, it could help to make an “Internet of Things” more feasible than ever before.

デバイスメーカ、FXI Technologiesによれば、Cotton Candyは「クラウドコンピューティングをほとんど全てのスクリーンにもたらす」べくデザインされた、とのこと。一言で言えば、「インターネット的なもの」をかつて以上に実現可能なものにするのに役立つ。

In addition to giving consumers easy access to cloud-based games, files, documents and computing, Cotton Candy was also intended to speed up the adoption of smart screens, extend the lifetimes of common computing hardware, create a single point of content storage and decrease the overall cost of computing while increasing security.

クラウドベースのゲーム、ファイル、ドキュメント、コンピューティングへのアクセスを簡単にすることに加えて、Cotton Candyは、スマートスクリーンの採用のスピードアップ、共通のコンピューティングハードウェア寿命の延命、コンテンツ保存の一元化、セキュリティを高めながら、全体のコンピューティングコストの削減を意図している。

It’s a tall order for such a tiny device:

こんなちっぽけなデバイスには法外な要求だ。

Now, for the specs: The Cotton Candy prototype weighs just 21 grams and is equipped with an ARM Cortex-A9 (1.2GHz) CPU and an ARM Mali-400 MP (Quad-core) GPU. It has Wi-Fi and Bluetooth connectivity options, as well as an HDMI output for HD graphics on any screen. The computer can be controlled via mice, keyboards, smartphones and other USB peripheral gadgets.

Cotton Candy

さて、スペックだ。Cotton Candyのプロトタイプの重さはちょうど21グラム。ARM Cortex-A9 (1.2GHz) CPUとARM Mail-400 MP (クアッドコア)GCPuを搭載。WiFiとBluetooth接続オプション、および、あらゆるスクリーンにHDグラフィックス出力するためのMDMIを搭載する。コンピュータはマウス、キーボード、スマートフォン、その他のUSBガジェットから制御可能。

It runs an Android OS (no word yet on version number; we expect to see Ice Cream Sandwich on final, mass-market devices due to its one-OS-fits-all premise) as well as Ubuntu, and it features virtualization software for Windows, Mac and Linux.

Android OS(バージョン番号については言及されていない。1つのOSで全てに対応できるということであるため、最終的に市場展開されるデバイスでは、Ice Cream Sandwichを搭載すると思う)およびubuntuが動作し、Windows, Mac, Linuxの仮想ソフトウェアを特徴とする。

As for the name, LXI CEO Borgar Ljosland wrote in a blog post, “The reason is that it was the most similar existing object that describes somewhat what it is doing: a stick connecting a cloud to your hand!”

名前について、LXIのCEO、Borgar Lyosland氏がブログで書いたところによると、「理由は、何をやっているかを記述する既存オブジェクトで最も似ているものだ。手にクラウドをくっつけておくスティックだ」

Right now, FXI Tech is giving prototypes to manufacturers in the TV, storage, PC, smartphone, auto and appliance industries, to name a few.

現在、FXI Tech社はプロトタイプをテレビ、ストレージ、PC、スマートフォン、自動車、電気機器産業などなどの製造者に渡して渡している。

Expect to see Cotton Candy sticks floating around at retail outlets during the second half of 2012. Pricing hasn’t been set yet.

Cotton Candyのスティックは2012年の後期には店頭に並んでいる予定。価格は未定。