インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Supplier Evaluation as a Service:サービスとしてのサプライヤ評価

IaaS、PaaS、SaaSなど、xxx as a Serviceにはいくつかありますが、ちょっと聞いたことがないサービスが。

Cloud Computing Journalの記事。

「Supplier Evaluation as a Service (サービスとしてのサプライヤ評価)」By Srinivasan Sundara Rajan

This is the continuation of my series of articles on Industry SaaS. The term ‘Industry SaaS’ can be used interchangeably with BpaaS (Business Process as a Service). However, the term ‘Industry SaaS’ meaning a Software as a Service meant for a specific industry need needs more attention, as the term BpaaS has yet to mature with a clear definition.

これは私の業界向けSaaSに関する記事のシリーズの続きだ。「業界向けSaaS」と言う言葉はBpaaS(サービスとしてのビジネスプロセス)と言い換えて使うこともできる。BpaaSという言葉は、まだはっきりとした定義が出来ていないが、「業界向けSaaS」という言葉は、サービスとしてのソフトウェアが、特定の業界のニーズにもっと注目しなければならないことを意味している。

Supplier Evaluation サプライヤ評価

  • Most organizations need an automated tool to select suppliers and evaluate them.
  • ほとんどの企業は自動的にサプライヤを選択し、評価するツールを必要としている。
  • These systems form an important part of Supply Chain process, as they aim at evaluating the supplier’s capabilities and other compliance information about the supplier, which will be a key supporting evidence in organization’s sourcing policy.
  • これらのシステムはサプライチェーン・プロセスの重要な一部を構成する。というのも、サプライヤの能力とサプライヤに関するその他のコンプライアンス情報をひょかする目的であり、企業の外部調達方針における鍵となる証拠になる。
  • These tools normally will have a supplier self-registration portal to authenticate and on-board suppliers, and have provisions for suppliers to enter their profile, business classification, address, etc.
  • これらのツールは通常サプライヤ向けのセルフ登録型ポータルで、認証し、サプライヤがプロフィール、ビジネス分類、住所他を入力するようになっている
  • These systems will typically have databases to store supplier profile information and they are collaborative in nature, in the sense both the buying enterprise and the suppliers log on to this system and important information can be shared among them.
  • これらのシステムは通常、サプライヤのプロフィール情報をストアするデータベースを持ち、元々協業的である。というのも、バイヤ企業とサプライヤの双方がシステムにログオンし、重要な情報を共有することが可能なのだ。
  • Specific reports will be generated through these systems to support the supplier evaluation process.
  • このシステムを通して、サプライヤの評価プロセスをサポートする特定のレポートが生成される。

Supplier Evaluation Fitment to SaaS Model サプライヤ評価がSaaSモデルにフィットする

  • Due to the collaborative nature of this application, interaction between the buying enterprises and the supplier organizations are required and a common Cloud Broker can manage the authentication of multiple parties and relieve the organizations from those activities.
  • このアプリケーションが元々協業的であるため、バイヤー企業とサプライヤ組織との間のやり取りが必要で、共通のクラウドブローカが複数の関係者の認証を管理し、これらの活動に巻き込まれないようにすることが可能。
  • There is not a standard way of evaluating suppliers, and most organizations tend to adopt check lists and other guide lines to evaluate suppliers, hence SaaS providers can innovate in this space to provide a standard work flow-based evaluation techniques
  • サプライヤを評価する標準の方法というものはなく、ほとんどの企業はサプライヤ評価にチェックリストやその他のガイドラインを採用する傾向にある。従って、SaaSプロバイダがこの分野において、標準のワークフローに基づく評価技術を初めて採用することができる。
  • Most of the global suppliers have business with multiple enterprises and hence from a supplier perspective their profile creation and compliance certification process may be duplicated across multiple buyers and hence a common SaaS Model will support the suppliers as well.
  • グローバルサプライヤの多くは複数の企業とビジネスを行っており、従って、サプライヤの視点から、プロフィールの作成やコンプライアンスの認可のプロセスは複数のバイヤで重複しているかもしれず、故に、共通のSaaSモデルはサプライヤをサポートすることにもなる。
  • More stringent compliance requirements from federal and state governments are in place nowadays to certify suppliers, for example.
  • 例えば、サプライヤを認可するために、今日連邦政府や州政府のより厳しいコンプライアンス要件が存在する。
  • ITAR: The Supplier understands its responsibilities under U.S. export control laws and regulations, including ITAR, and certifies that it will not disseminate any ITAR-controlled Technical Data that would violate applicable export control laws and regulations.
  • ITAR: サプライヤはITARを含むUSの輸出コントロール法と規制下の責任を理解すること。適用される輸出コントロール法に反するITARコントロール下にある技術データを拡散させないことを保証すること。
  • In several countries the following guide lines also needs to be enforced on the suppliers
  • いつかの国では以下のガイドラインもサプライヤに課せられなければならない。
  • Supplier will ensure that hiring practices are in conformance with International Labor Organization for Minimum Age criteria (Child Labor)
  • サプライヤは、国際労働機関の最低年齢基準(子供労働者)に合致した雇用を確実に実施すること。
  • Suppliers will engage in business without bribery or corruption
  • サプライヤは賄賂や収賄なくビジネスに従事すること

This means a common regulated and centralized system can validate most of these compliance checks using standardized procedures.

これは、共通の規制され集中化したシステムが、標準化された手順でこれらのコンプライアンスチェックを検証することができることを意味する。

Of course the standard Cloud Attributes like pay-per-use, dynamic scalability, elasticity and rapid provisioning also hold good for Supplier Evaluation as a Service much like other SaaS offerings.

無論、利用分のみ支払う、ダイナミックなスケーラビリティ、弾力性、ラピッドプロビジョニングなど、他のSaaSが提供するクラウド属性は、サービスとしてのサプライヤ評価にもいいことだ。

Players プレーヤ

The following are some of the players in this space, whose offering can be used by buying enterprises to adopt a SaaS Model. As stressed earlier the aim is to promote SaaS adoption and ranking the individual vendors is not in the scope of this article; enterprises are requested to adopt their own evaluation criteria.

以下は、この分野のプレーヤの一部で、企業がSaaSモデルを採用する際に導入できるものを提供しているところだ。上述の通り、目的はSaaSの採用を促進し、個々のベンダーをランク付けすることはこの記事のスコープにはない。企業は独自の評価基準を採用することが必要だ。

Oracle Supplier Management & Supplier Hub (Oracleサプライヤ管理とサプライヤ・ハブ)

Oracle Supplier Management Hub (Source:Oracle)

  • Oracle Supplier Management provides the necessary framework needed to on-board, evaluate, and manage suppliers across trading lifecycle.
  • Oracleサプライヤ管理は取引のライフサイクルにわたり、サプライの評価と管理に必要なフレームワークを提供している。
  • Oracle’s Supplier Management offering includes two products: Oracle Supplier Lifecycle Management and Oracle Supplier Hub.
  • Oracleのサプライヤ管理には2種類の製品が含まれている。Oracleサプライヤ・ライフサイクル管理とOracleサプライヤハブ。
  • Supplier Management has many sub systems and pre dominantly the following functions are covered.
  • サプライヤ管理には多くのサブシステムがあり、主として以下の機能がカバーされている。
  • Registration and Onboarding of New Suppliers
  • 新規サプライヤの登録と加入
  • Supplier Profile Management (including Supplier Self-Service)
  • サプライヤプロフィール管理(サプライヤのセルフサービスを含む)
  • Manage Supplier Relationship Profile like Address, Contact, Business Diversity Classifications
  • サプライヤの関係性プロフィール管理。住所、コンタクト情報、多様なビジネスの分類
  • Supplier Performance Evaluation Questionnaire and Templates
  • サプライヤのパフォーマンス評価のアンケートとテンプレート
  • This solution is available as a Pay Per Use Basis to be qualified as a SaaS solution
  • このソリューションは、SaaSソリューションとしてみなせるよう、使用分のみ支払いの仕組みを持っている。

Nonverba eCustodio Supplier Evaluation System Nonverba eCustodio サプライヤ評価システム

  • NonVerba’s eCustodio is an online supplier evaluation management system, which allows organizations to interact with their suppliers by use of web-based technology. This interactive tool allows organizations to request suppliers to provide exhaustive information about their business, including financial documents, insurance, quality, H&S and environmental certificates through online questionnaires.
  • NonVerbaのeCustodioはオンラインのサプライヤ評価管理システムで、企業がウェブベースの技術を使うことにより、サプライと槍と出来るようになるもの。このインタラクティブツールにより、企業はサプライヤに、オンラインのアンケートを通して、財務資料、保険、品質、健康と安全、環境に関する保証を含む、業務に関する膨大な情報の提供を要求できる。
  • As we stressed collaborative needs of this Supplier Evaluation System, Suppliers receive login credentials to login to their online registration questionnaire and complete and submit the questionnaire
  • サプライヤ評価システムには協業性が必要であることを強調したが、サプライヤはログイン・クレデンシャルを受信し、オンライン登録アンケートにログインし、アンケートを完成させ、提出する。
  • Based on the documentation available, we could not clearly get whether the product is hosted on a Cloud Platform and available to enterprises on a pay per use basis, however they have options for On Premise and service provider locations through, the system can be deployed with only the supplier website accessible through the Internet, while the database and the Procurement website are within the company’s network, totally protected by firewall
  • 手に入る書面からは、製品がクラウドプラットフォーム上にホストされており、利用した分だけ支払えばよいのかがはっきりとはわからなかったが、オンプレミスのオプションとサービスプロバイダの場所がかいてあるので、システムはインターネットのみでアクセスできるサプライヤのウェブサイトのみに実装できるが、データベースと調達ウェブサイトは企業のネットワークないにあり、ファイヤーウォールで全体的に保護されている模様。

Summary サマリー

As mentioned in the beginning of this series, the aim is to identify the areas within the enterprise business process that can be served using a SaaS/BpaaS model. Like the earlier business processes, this supplier evaluation is also a good candidate to move on to SaaS Service Delivery Model.

このシリーズの冒頭で述べた通り、目的はSaaS/BpaaSモデルを使って行える企業のビジネスプロセスの分野を特定することにある。先のビジネスプロセスと同様、このサプライヤ評価もまた、SaaSサービス提供モデルに移行するには有力な候補だ。

However we are not seeing very many players with this offering on Supplier Evaluation as a Service, Please write to me if any other player is providing a similar service using a cloud base solution.

— どこでも似たり寄ったりのことをやっているはずなのに、世の中に標準がないから、各社が独自の基準を作っているようなものはSaaSが有望ですね。