インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

聞いたことがないかもしれないがベストなクラウドアプリ

CloudTweaksのサイトにちょっと変わったタイトルの記事がありました。

Best Cloud Computing Apps you’ve never heard of (聞いたことがなかもしれないが、ベストなクラウドアプリ)」 by  ON NOVEMBER 15, 2011 AT 8:27 AM

です。

This article’s title may arguably mislead you. Cloud connoisseurs will express familiarity with one app featured here. And even your grandmother has heard of yet another. But no matter where you are in your grasp of cloud computing, you should find something new here to inspire you – maybe even warm your heart.

この記事のタイトルはおそらくミスリーディングであろう。クラウドに詳しい人なら、ここで取り上げたアプリの1つは良く知っているというっであろう。さらにあなたの祖母ですら聞いたことがあるであろう。しかしクラウドをどれだけ知っているかに関わらず、何かあなたを鼓舞するものを発見できるであろう。ひょっとすると心温まるもの。

— あれ、ミスリーディングだと認めちゃってますが。

Amanda/Zmanda.

Amanda Open Source Backup

Let’s start with its name: we can’t think of any other app whose title arrested our attention as quickly as this did. Maybe it’s the A-through-Z allusion therein, or its gentle rhyme: whatever the source of its attraction may be, Amanda/Zmanda is an app to be familiar with. Cloud newbies might not recognize that it’s “the most popular open source backup and recovery software in the world,” according to its website. It actually helps to think of it as two programs in one. “Amanda” is short for “Advanced Maryland Automatic Network Disk Archiver;” it actually does the backing up. “Zmanda” supports its sister program with enterprise functions, and it also works in tandem with Amazon Web Services. There you have it. Now you’re set to namedrop Amanda/Zmanda at a cloud cocktail party, worry-free.

この名前からスタートしよう。これほど素早く目に止まったアプリは他に考えられない。AからZの引喩があるからか、あるいはその優しいリズムのせいか。引き付ける原因が何であれ、Amanda/Zmandaは良く知っておくべきアプリだ。ウェブサイトによれば「世界で最も人気のあるオープンソースのバックアップ・リカバリソフトウェア」であることをクラウド初心者は知らないかもしれない。実際には2つのプログラムが1つになったものであると考えられる。「Amanda」は、「Advanced Maryland Automatic Network Disk Archiver(先進のメリーランド自動ネットワークディスクアーカイバ)」の略で、実際にはバックアップを行う。「Zmanda」はエンタープライズ機能で姉妹プログラムをサポートし、また、アマゾンウェブサービスと連動して動作する。これだ。クラウドカクテルパーティで、(AWSの知り合いだといって)Amanda/Zmandaを言いふらすことができる。心配無用。

— このZmandaはシリコンバレーの会社です。それが何ゆえにMarylandなのか。メリーランドといえば、Washington DCの近く、早い話が東海岸で、シリコンバレーは西海岸。その理由は、もともとメリーランド大学で開発されたオープンソースのバックアップソフトをベースにしているからのようです。

Orca Screen Reader.

Orca Screen Reader

This is where cloud computing does some real justice for humanity. To begin, you must remember how hostile computers can be for those who cannot see, type, or hear. The virtual experience for those challenged in such ways has improved, but not enough as of yet. Orca Screen Reader, the “Free Willy” of the open-source cloud app world, empowers the handi-capable. It amazingly converts Braille literature into a computerized format, so that a person who reads in the language can use the Web just as she’d flip through a Braille book. Orca also wields voice technology, converting text to speech in malleable ways (a user can choose a male or female voice, or alter its pitch). IT World has more.

ここは、クラウドが人間性のためにまともなことをやっているところだ。まず最初に、見えない、タイプできない、あるいは聞こえない人にとっていかにコンピュータが敵対的であるかを思い起こしておこう。仮想体験の試みは進化したが、まだ十分ではない。Orca Screen Reader、オープンソースのクラウドアプリの世界の「フリーウィリー」は、ハンディキャップを持つ人に力を与えるものだ。点字文学をコンピュータ化した形式にみごとに変換し、読める人は、点字本をめくるがごとく、ウェブを使うことができる。Orcaはまた、ボイス技術を用い、テキストをスピーチに柔軟に変換する(ユーザは、男女どちらの声にするかを選べ、ピッチも帰られる)。IT Worldのサイトにも記載がある。

— これはあまりないかもしれませんが、貴重であり、また有益なものですね。

Gmail.

gmail

In a word: duh! Of course you’ve heard of Gmail. Odds are that you indeed you the mega-hit e-mail platform. What you may not know is that Google Mail actually ranks as a cloud computing app. But when you really think about it, Gmail as a cloud makes perfect sense. All of your e-mails are stored in an impossibly large remote server (as of today, our own has swelled to 7647MB of space!); you can access GMail everywhere, even on your mobile phone; and you can communicate with anyone signed in, via GChat or their phone. For us, this was a mind-blowing yet true revelation. Yet we’re not alone in our adulation. The City of Los Angeles is hitching up to Gmail’s cloud. And Google’s blog is tooting its own horn, as it proves how Gmail in the cloud might slow down global warming.

一言で言えば、当たり前だ。当然Gmailを聞いたことがある。 おそらくはメガヒットのeメールプラットフォームであることは知っているだろう。恐らく知らないことは、Google Mailは実際にクラウドアプリだと位置づけられていることだ。しかし、真剣に考えれば、クラウドとしてのGmailは合点がいく。全てのeメールはめちゃくちゃ大きいリモートサーバに保管されており(今日、我々自身のものは7647MBの大きさになっている)。どこからでもGMailにアクセスでき、携帯からも可。サインインした人ならGChatかPhoneで誰とでもコミュニケーションできる。われわれにとっては、ショッキングで真の天啓であった。我々だけではない。ロス市はGmailクラウドに乗っかっている。Googleは、クラウドのGmailがいかに地球温暖化をスローダウンさせているかを明らかにし、ブログで角ぶえを高らかに鳴らしている。

— 当インフィニティソリューションズもGmailを使用しています。まあ、そのインタフェースがどんどん変わること、変わること。進化し続けている、といえばそういうことになるのですが、ペースが速いね。