インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ペプシレーベルのソーシャルネットワーク

InformationWeekの記事から。

Pepsi Creates Private Label Social Network For X-Factor (PepsiがX-Factor向けプライベートレーベルのソーシャルネットワークを構築)

Pepsi Sound Off builds on Gigya’s social sign-on and gamification platform for a social TV experience.

Gigyaのソーシャルサインインおよびゲーミフィケーション(ゲーム化)プラットフォーム上に、ソーシャルなTV体験のためのPepsi Sound Offを構築

— ここで補足。まずゲーミフィケーション。英語版ウィキペディアによると、

“Gamification is the use of game design techniques[1] and mechanics to solve problems and engage audiences. Typically gamification applies to non-game applications and processes (also known as “funware“)[2], in order to encourage people to adopt them. ”

「ゲーミフィケーションとは、問題を解決し、参加者を引き込むために、ゲームデザインのテクニックやメカニズムを使うことを意味する。典型的なゲーミフィケーションは、人々にゲーム性のないアプリケーションやプロセスの採用をうながすために使われる。(別名ファンウェア)」

— さらに、X-Factorとは、新人を発掘するための音楽オーディションのテレビ番組。

“Pepsi is demonstrating how a standard social software platform can allow a brand to quickly launch a private social website, in this case to augment on-air marketing.”

「標準のソーシャルソフトウェアプラットフォームにより、オンエアのマーケティングをより増大させるために、いかに迅速にプライベートのソーシャルウェブサイトを立ち上げられるかをペプシが実証している」

“The Pepsi Sound Off is a social TV experience, where fans of “The X-Factor” talent competition program meet to chat about the contestants and anything else they want to talk about. Members can login throughout the week, “but it really comes to life when ‘The X-Factor’ is on,” Shiv Singh, global head of Pepsi Digital, explained in an interview. “It functions as Twitter on steroids for all the X-Factor fans across the country, and for every action they take, they are earning points in the background that improve their rank on a leaderboard, so there is a whole game mechanics behind it.””

「Pepsi Sound Offはソーシャルなテレビ体験であり、タレントコンテスト番組「X-Factor」のファンが候補者やその他話したいことをチャットするために集まる場所。メンバーはその週中ログイン可能。「しかしながら、最高潮は「X-Factor」がオンの状態のとき」とペプシデジタルのグローバルヘッド、Shiv Singh氏はインタビューで語った。「国中の全てのX-Factorのファンにとって、増強したTwitterのような働きをする。何か動きをするたびに、ポイントを得ており、その裏で、リーダーボード上のランクがあがっていく。したがって、全体がゲームの仕掛けになっている」

— 注意:このPepsi Sound Offは米国在中の人のみにアクセス制限されている。日本からはアクセスできない。

Pepsi Sound Off (Photo by creativity-online.com)

“The application was created by the digital agency Huge, using social media platform technologies from Gigya.”

「アプリケーションはデジタルエージェンシーであるHugeによって、Gigyaのソーシャルメディアプラットフォーム技術を使って構築された」

“Gigya provides a set of Web services for single sign-on across social media identities, identity management, gamification of applications, sharing, and analytics, and also supports customers such as Comcast SportsNet. Pepsi and Huge elected to create a custom user interface, rather than taking advantage of the user interface plug-ins Gigya provides. However, Pepsi still wanted to build on the core Web services Gigya provides, Singh said.”

「GigyaはソーシャルメディアにまたがるシングルサインオンのID、IDマネージメント、アプリケーションのゲーミフィケーション、シェアリング、分析に対する一連のウェブサービスを提供し、、Comcast SportsNetなどの顧客をサポートしている。PepsiとHugeはGigyaが提供するユーザインタフェースプラグインを利用するのではなく、カスタムのユーザインタフェースを構築することを選択した。とはいえペプシはGigyaが提供するコアウェブサービス上に構築したいと考えていた(Singh氏)」

““Gigya has done so much on scale, which really gave us a lot of confidence,” Singh said. Because this application was being advertised on nationwide TV, “it had to work from the get-go,” he said. Working with Gigya also saved time, he said. “We were able to go from concept to execution in a very short timeframe because they were a partner that had a lot of the engine already figured out.” In other words, Pepsi and Huge didn’t need to create a social software framework from scratch.”

「「Gigyaはスケールに関して非常に尽力しており、それが我々に本当に大きな自信を与えた」(Singh氏) このアプリケーションは全国ネットのテレビで宣伝されたため、「最初からうまく動作しなければならなかった」(同氏)。Gigyaと協業することにより時間も節約できた、と同氏。「出来上がったエンジンを数多くもつパートナーであったため、コンセプトから実行まで非常に短い時間で進むことができた」 言い換えれば、PepsiとHugeはゼロからソーシャルソフトウェアのフレームワークを作る必要がなかった」

“Pepsi Sound Off is being promoted in conjunction with the beverage maker’s sponsorship of “The X-Factor” to start with, but Singh said Pepsi can also drive fans to the site in conjunction with its ads on other major TV events, such as the Super Bowl, the Grammys, or the Video Music Awards.”

「Pepsi Sound Offは最初は「X-Factor」のドリンクメーカーのスポンサーとの関連でプロモーションが行われてきているが、Singh氏によると、ペプシはその他のメジャーなテレビイベント、たとえばスーパーボール、グラミー賞、ビデオ音楽賞などでの広告との関連でファンをサイトに呼び込める」

“As for results, “it’s a little early for us to share specific metrics, but we feel very good about where we are,” Singh said, adding that the Pepsi Sound Off is already being recognized as a “best in class social TV experience.””

「結果については、「具体的な数値を公表するには早いが、現状は非常に良いと感じている」(Singh氏) さらに、Pepsi Sound Offは既に「最高のソーシャルなテレビ体験」と認識されつつある」

— ゲーミフィケーションを取り入れて、Gigyaのようなプラットフォームを活用して、短期間に魅力的な仕組みを構築する。しばらくはこれがトレンドなのかも。