インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

検証:ツィッター投稿タイミングを知るための5つのツール

より多くの人にTwitterのツィートを読んでもらうには、いつ投稿するのがいいのでしょうか?タイミングを誤れば、膨大なツィートの中に埋もれてしまい、誰もみてくれないかもしれません。当サイトのブログについては、当初書き終わった時点で即公開。そして公開したことを即ツィートしていました。そうすると現実には、公開とツィートが夜中になることがほとんどでした。そのうち、昼休みに読んでもらえるようなタイミングと考え直し、現在までのところ10時30分に公開、公開したことをほどなくツィート、という形にしていました。

で、それが本当にベストなのかを調べるツールがMashableで紹介されていますので、それを検証してみましょう。

1.WhenToTweet

WhenToTweet

これはきわめて単純で、ツィッターのユーザ名を入れる。すぐにダイレクトメッセージで、xx時xx分にツィートすべき、というメッセージが来ます。UTC時間なので、日本時間にするには9時間足さないといけないのはご愛嬌。送られてきたリンクをクリックすれば、ほら、こんな風になっているのよ、とばかりにわかり易いグラフが表示される。このグラフは何を元にしているのかというと、

“Your best times are determined by two key measures: the performance of your past tweets and when most of your followers will be online.”

「ベストタイムは、2つの主要な計測値から決まる。過去のツィートのパフォーマンスと、オンラインになっているフォロワーが一番多い時だ」

私の場合には、9時15分。朝一番で見てもらえ、ということらしい。

2. TweetStats

 

TweetStats

こちらもツィッターのユーザ名を入力するだけ。結果が返ってくるまで1、2時間かかると書いてあったが、実際にはそこまでではないものの、数分かかった。なにやら一生懸命解析している感じだ。結果は、いつどれくらいツィートしているか、タイムラインはどんな風になっているか、どれぐらいリプライしているかなどの情報が得られる。さらにツィート密度という、どのタイミングでツィートしているかをグラフで示してくれる。

ただ、たくさんツィートしていて、実際いつツィートしているのかわからなくなっている人には便利かもしれないが、私にはほぼわかっていることがグラフになって出てきただけだった。

3. Tweroid

Tweriod

このツールは、Twitterと連携して、ウィークデー、ウィークエンドごとにツィートするベストタイミング、フォロワーがオンラインになっているタイミングを知らせてくれる。さらに、

“It is also worth mentioning that the app excludes automation tools, such as Twitterfeed, when determining whether your followers are online — definitely a big plus.”

「特筆すべきことは、このアプリは、フォロワーがオンラインであるかどうかを判定する際、Twitterfeedなどの自動ツールを除外することだ。これは明らかに大きなプラスだ。」

WhenToTweetの結果をもう少し詳しく見てみたい場合に有効のように思う。

4. TweetReports

 

こちらは利用するには登録が必要。また有料だ。個人なら月9ドル。7日間のフリートライアルがある。

残念ながら登録してみたものの、登録確認メールがいつまでたっても届かないため、試用は断念。機会があれば後日レポートすることとし、Mashableの解説を引用しよう。

“TweetReports takes a slightly different approach by gathering the tweet statistics from your top 25 influential followers into its “Follower Analysis” feature. The spikes indicate when these users are most active and, therefore, likely to see your tweets.”

「TweetReportsは少々異なるアプローチをとっており、あなたの影響力が大きい上位25人のフォロワーからツィート統計を集め、「フォロワー分析」を行う機能がある。これにはこれらのユーザが最もアクティブ、すなわちツィートをみてくれそうなのはいつかを教えてくれる。」

“Additionally, the app allows for a very comprehensive keyword search. It analyzes the times at which certain keywords are talked about the most, and when you should participate in those discussions.”

「さらに、このアプリで」は、広範なキーワードサーチも可能。特定のキーワードが最も語られているのはいつで、そのディスカッションにいつ参加すべきかを分析する。」

よさそうだけど試せないので、とりあえずノーコメント。

5. TweetWhen

こちらはTwitterのユーザ名を入れるだけ。過去1000のツィートからリツィートされたものを分析し、どのタイミングでツィートすればいいかを教えてくれるもの。

シンプルではあるが、こちらは過去のリツィートからだけで判断しているため、判断を見誤る可能性あり。