インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

ファーストフード2.0:ハンバーガーもソーシャルに

なに!ハンバーガーもソーシャル?
InformationWeekに「Fast Food 2.0: The Burger Goes Social」という記事が出ていました。ハンバーガーショップが単にFacebookやTwitterを客集めに活用している、というわけではなにようです。

One SMB, 4food, uses crowdsourcing, iPads, and a technology obsession to rewrite the recipe for casual dining and compete against better-funded restaurants.

4foodという中小企業が、クラウドソーシング、iPad、技術に対する執念で、カジュアルダイニングのレシピを書き換え、資金的により余力があるレストランと競合している。

4food

Technology is a lot more to 4food, a New York City burger joint, than just managing its Yelp listing.

ニューヨークシティにあるバーガー店4foodにとって、技術はYelp(米の口コミサイト)のリストをマネージするより重要なのだ。

In fact, a mix of iPads, social media, crowdsourcing, interactive restaurant, and proprietary technologies are core to the small business’s mission and model—so much so that co-founder Michael Shuman thinks of it as much more than a burger joint. As such, 4food and its 30 employees are out to help revamp the traditional “quick service restaurant”—industry-speak for fast food—around sustainable and healthy ingredients, social responsibility, and a green physical footprint.

事実、iPad、ソーシャルメディア、クラウドソーシング、インタラクティブレストラン、独自技術のミックスが同社の小規模ビジネスのミッションとモデルであり、だからこそ、共同創業者のMichael Shuman氏は、単なるバーガー店だとは考えていないのだ。したがって、4foodと30名の社員は従来の「クイックサービスレストラン」、すなわち業界で言えばファーストフードを、持続可能で、ヘルシーな材料、社会的責任、しかもグリーンであることにより、改造しようとしている。

Make that a social medium: Underpinning the 4food concept is the ability for customers to build their own burgers and then share their creations with other customers, who can in turn order it themselves. Of course, asking a restaurant for something that’s not on the menu isn’t new, but 4food takes it a step further with what Shuman called “the infinite SKU.”

ソーシャルメディアにする:4foodの元になっているコンセプトは、顧客が自身のバーガーを考え出し、それを他の顧客にシェアする。シェアされた顧客はそのバーガーを注文できるというものだ。もちろん、メニューにないものをレストランで注文するというのは新しいことではない。しかし、4foodはさらに一歩進んで、Shuman氏が「無限のSKU(品目)」と呼ぶものにしている。

“It can’t be so binary as: someone creates something, we save it, and they can order it again,” Shuman said. “Why not enable that person to brand it, have fun with it, and share it with their network? And why don’t we reward it?”

「誰かが何かを考え出し、それを我々が保存し、彼らがまた注文する、というようなバイナリの事柄にはならない。その人間が考え出したものをブランドとし、それで楽しみ、自身のネットワークでシェアすればいいではないか。我々はそれに報いればいいのだ」とShuman氏は言う。

It might indeed be fun, but there’s an extra motivation: Each time your burger sells, your account gets credited for future purchases—Shuman said “food for life” isn’t inconceivable for a hot seller. Some burger-meisters opt to donate their proceeds to a designated charity rather than stockpile a lifetime of free lunch and dinner. Facebook, Twitter, and YouTube—not to mention 4food’s website—are all key parts of the social mix. Geolocation sites such as Foursquare are popular among customers, too, though Shuman said they tend to be extras rather than mainstays of how the social burger finds its next diner.

それは実に楽しいかもしれないが、さらに追加の動機付けがある。自分のバーガーが売れるたびに、次回購入時の割引が得られるのだ。「生活のためのフード」は売れている人にとっては便利なものなのだ。バーガーマイスターの何人かは、一生ただでランチやディナーが食べられるほどためこむより、チャリティに寄付するものもいる。4foodのウェブサイトはもとより、Facebook、Twitter、YouTubeは全てソーシャルミックスの重要なパーツだ。Foursquareなどの位置情報サイトも顧客の間で人気だが、ソーシャルバーガーで次に食べる場所を決める場合のメインというよりはエキストラとして使われる傾向にある」(Shuman氏)

The social strategy appears to be working: Users have created 20,000 different burgers since 4food opened its doors about a year ago; some 1,000 of them have been named, marketed, and purchased by customers. A half-dozen dedicated burger inventors have surpassed—or soon will—1,000 units sold.

ソーシャル戦略は効いているようだ。4foodが1年前に始めてからユーザは2万種のバーガーを考え出した。数百に名前が付けられ、販売され、顧客が購入している。6人のバーガー発明家が販売数で1000個をすでに超えた、もしくはまもなく超える。

While a customer could conceivably never set foot in the actual restaurant—4food delivers—the socialization actually increases inside the physical location. Software from Scala enables both a real-time digital menu and an interactive media display. The former includes a current top 10 list of burgers created by the public. The latter streams 4food’s messaging—including its Twitter feed—as well as customer content, such as Foursquare check-ins or a YouTube video promoting a particular burger concoction. Customers can use one of the restaurant’s iPads to invent their next culinary delight, place an order, or share something to the media wall; when the lines grow long, employees hop out from behind the counter with said iPads to take orders and keep the food fast.

顧客は実際のレストランに足を運んでいないかもしれないが、ソーシャル化は現実に店舗の客数も増やしている。Scala社のソフトウェアは、リアルタイムのデジタルメニューとインタラクティブなメディア表示とを可能にしている。前者にはみんなが作ったバーガーの現時点のトップ10が含まれる。後者には4foodからのTwitterフィードなどのメッセージやカスタマーのコンテンツ、すなわち、Foursquareのチェックインや、特定のバーガーを勧めるYouTubeのビデオストリームなどが含まれる。顧客はレストランのiPadを使い、次にキッチンを喜ばせるものを発明したり、注文したり、メディアウォールに何かをシェアできる。待ち行列が長くなれば、社員がiPadを持ってカウンターの裏から出てきて注文をとり、「ファーストフード」を維持する。

Shuman and company don’t need to look far for the short-terms gains, either: For one, they spend zero—as in $0.00—on traditional advertising in a hyper-competitive local market (Manhattan) and a broader industry (fast food) that spends countless sums on TV, radio, print, and online channels. The social elements—both online and in the physical restaurant—have taken a life of their own. Shuman said seven of the 10 top-selling 4food burgers to date were built by users outside of the company.

Shuman氏と同社は短期の利益を求める必要がない。1つには、彼らはきわめて競争が激しいローカル市場(マンハッタン)で、テレビ、ラジオ、プリント、オンラインチャネルで多額の費用をつぎ込んでいる業界(ファーストフード)で従来型の広告には1セントも使っていないのだ。オンラインと物理的なレストランの双方ともソーシャルな要素は、自ずと出来上がったものだ。Shuman氏は、4foodバーガーで販売トップ10のうち7つは、企業外のユーザが考え出したものらしい。

— 幅広く展開するバーガーチェーンに対抗するために、小さいがゆえにきめ細かく対応できることをうまく活用し、さらにそれをソーシャルとリンクさせて、ユーザが考えたメニューを売り出すなんて、なかなかやりますな。