インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

なぜエリソンはベニオフを押しのけたのか

Oracleが16億ドルでRightNowというSalesforceの競合会社を買収するとのニュースが流れています。Salesforce.comのCEOであるマーク・ベニオフ氏がOracle Open Worldでキーノートスピーチをするというのがここしばらくの恒例であったにもかかわらず、今年のOracle Open Worldでは直前キャンセルとなったことは有名な話です。Oracleはどんなことを考えているのでしょうか?ReadWriteWebの「Why Ellison Really Bumped Benioff: Oracle to Buy Salesforce Competitor RightNow」を見てみましょう。

RightNow logo

Where RightNow’s strengths lie is in the customer-facing side of the customer relationship equation, including automating the processes whereby customers contact the company with questions, concerns, complaints, and orders.

RightNowの強いところは、CRMの顧客対応側であり、質問、懸念、不満、注文など顧客が企業にコンタクトする場面のプロセスを自動化することなどを含む。

A marriage between Oracle’s expanding Public Cloud, announced a few weeks ago at the company’s developers’ conference, and RightNow’s CX Cloud Platform could be the equivalent of an armada invasion for Salesforce. Up to now, Salesforce’s cloud-based SaaS product has put a serious dent in Microsoft’s Dynamics suite, which up until last year was considered a market leader.

数週間前にデベロッパカンファレンスで発表されたOracleの拡大するパブリッククラウドと、RightNowのCXクラウドプラットフォームとの「結婚」は、無敵艦隊のSalesforceへの侵攻に等しい。現在までのところ、SalesforceのクラウドベースのSaaS製品は、昨年までのマーケットリーダと見られていたマイクロソフトのDyamicsスィートに深刻な「へこみ」を与えている。

Oracle had been competing in some fashion with a CRM product called OnDemand. It’s a customer service tool whose principal strength was direct tie-ins with Siebel, whose client base in the CRM space remains strong. But OnDemand lacked the cloud tie-in, which is what was driving both new and old enterprises to Salesforce.

OracleもOnDemandとよぶCRM製品で競合してきた。カスタマサービスツールで、主たる強みは、CRM分野で顧客ベースがいまだ強固であるSiebelと直接結びついていることだ。しかし、OnDemandはクラウドとの結びつきが欠けており、そのことが新興企業も歴史ある企業もSalesforceに向かわせたのだ。

Oracle Public Cloud

So this morning, Oracle is characterizing the RightNow acquisition as filling a gap in its cloud-based service offerings. One slide in the company’s presentation that may as well have been drawn by Larry Ellison himself (perhaps it was) shows the Oracle Public Cloud offering everything except the customer service module, until today. And a chart on the page immediately following, which was clearly taken from RightNow’s Web site, lists RightNow’s three customer facing components tying into its Engage analytics platform, but with the name “CX Cloud Platform” erased from the underlying cloud layer.

そして今朝、OracleはRightNow買収をクラウドベースのサービスにおけるギャップを埋めるものと特徴付けている。ラリーエリソン氏自身が描いた同社のプレゼンテーションの一枚のスライドには、Oracleのパブリッククラウドが提供するもの全てが表されていた。ただし今日まではカスタマーサービスモジュールを除いてだ。そのすぐ次のページのチャートは、明らかにRightNowのウェブページから撮ってきたもので、Engage分析プラットフォームに直結した3つの顧客対応コンポーネントがリストアップされているが、クラウドレイヤーからはCXクラウドプラットフォームのなまえが消されていた。

Those three RightNow components are: 1) the Web Experience, which lets companies create online points-of-contact for their customers; 2) the Social Experience, which provides apps and other mechanisms for accessing customers via Facebook and other services; 3) the Contact Center Experience, which gives Web users more tools to access customer support personnel via voice, and which integrates with telephony and other legacy communications tools.

これらの3つのRightNowコンポーネントは、1) 企業が顧客とのオンラインの接点を作るためのWebエクスペリエンス、2) Facebookや他のサービスを経由して顧客にアクセスするアプリやその他のメカニズムを提供するソーシャル・エクスペリエンス、3) Webユーザに音声によりカスタマーサポートの人間にアクセスするためのツールを提供し、電話とその他のレガシーなコミュニケーションツールを統合するコンタクトセンターエクスペリエンス。

What we don’t yet know at this stage is how this move will impact Oracle’s existing strategy for OnDemand, which up until this week we thought would be accelerating. In a statement this morning to RWW, Ovum analyst Nicole Engelbert noted that Oracle now appears to have several overlapping product lines, some of which may actually continue to compete with one another in several markets — for example, cited Engelbert, higher education. Although it’s likely that existing universities and learning institutions using RightNow will gain access to Oracle’s Higher Education User Group, she states, “Oracle will now have three CRM solutions targeting higher education: Oracle CRM OnDemand, PeopleSoft CRM for Higher Education, and RightNow. [As a result], there may be some short- to medium-term anxiety around Oracle’s product development and support strategy.”

現時点で我々がわからないのは、この動きがOracleのOnDemandに関する既存の戦略にどのような影響があるのかということだ。今朝オーバムのアナリストNicole Engelbert氏がReadWriteWebによせた文書によれば、Oracleには今、いくつの製品ラインのオーバーラップが起きており、そのいくつかは今後も複数の市場で競合しあうことになる。同氏の引用によれば、たとえば高等教育市場だと。RightNowを利用している既存の大学や教育機関がOracleのHigher Education User Groupへのアクセスを得るとは考えにくいが、Oracleはいまや高等教育をターゲットにしたCRMソリューションを3つ持つことになる。Oracle CRM OnDemand、PeopleSoft CRM for Higher Education、そしてRightNowだ。結果として、Oracleの製品開発とサポート戦略には短期から中期的にやや不安が出てくるかもしれない。