インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

アンドロイド、アジアのスマートフォン販売シェアの過半数を占める

iPhone4Sをめぐって、au対Softbankの争奪戦が続く一方、アンドロイドが着実にシェアをのばしてきている日本。米国でもアンドロイドがシェアを伸ばしているものの、NokiaやRIMもシェアが下がっているとはいえ、まだそれなりに存在しています。ではアジア全体ではどうなのか。Android Authorityの「Over 50% of Smartphones Sold in Asia Run Android」を見てみましょう。

android

When we first heard that Google and Samsung’s Galaxy Nexus and Ice Cream Sandwich announcement was moved to Hong Kong, we were all a bit puzzled. But now that we have come to find out that more then 50% of smartphones sold in Asia are running Android, it makes perfect sense. A new report from ABI shows that a whooping 52% of smartphones are Android. That’s a huge lead on the statistics for smartphones in the US, where only 43% of smartphones are running Android.

グーグルとサムソンのGalaxy Nexusとアイスクリームサンドイッチの発表が香港に移ったと聞いた時、我々は皆少々当惑した。しかし、アジアにおけるスマートフォン販売の過半数がアンドロイドになったことを知り、まったく理にかなっている。ABIからの新しいレポートによれば、なんとスマートフォンの52%がアンドロイドだ。これは米国のスマートフォンの統計値を大きくリードしている。すなわち、スマートフォンの43%のみがアンドロイドだ。

The growth of Android in Asia is especially astounding where Android has picked up 36% growth in just one year – now that’s awesome! Although much of Asia is still considered an emerging market which is why only about 27% of phones sold qualify as smartphones, compared to the US where its 40% of phones sold are smartphone quality.

1年で36%成長のアジアにおけるアンドロイドの成長は、特に驚愕だ。すごい!アジアの多くはまだ新興市場と考えられており、事実、携帯販売の約27%だけがスマートフォンとみなされるのに対し、米国では40%がスマートフォンとみなされている。

In the coming few years Asia will become an even more important part of the smartphone market, and the tech world in general. Analysts are currently predicting that the smartphone market will almost double in the next five years, and if Android can maintain its current success, it’ll become a pretty one-sided one at that. With all the major Android players including Samsung, Asus, Acer, ZTE, LG and HTC having headquarters based in Asia, Asian consumers can expect some very nice handsets to become available in the coming months and years ahead. And chances are – they’ll be running Android, our favorite mobile OS.

今後数年でアジアはスマートフォン市場、さらにはテクニカルな世界全般にとってさらに重要になるであろう。アナリストは、現在スマートフォン市場は今後5年間でほぼ倍になり、アンドロイドが現在に成功を維持できれば、一方的なものになると見ている。アジアに本拠地を構えるサムソン、アスース、エイサー、ZTE、LG、HTCなどすべてのメジャーなアンドロイドプレーヤーにより、アジアの消費者はこれから数ヶ月から数年にわたり実にすばらしいハンドセットを手に出来る。それらは我々のお気に入りのモバイルOSアンドロイドである可能性が大だ。

How long before Android truly takes over the world and takes out all of the competition?

アンドロイドが世界を牛耳り、あらゆる競合を葬り去るまでにどれくらいかかるのか?

— まあ、だいぶアンドロイドに偏った見方ですが、とりあえず今勢いがあるのは間違いない。今は成長期なので成り立っていますが、そのうちアンドロイド市場の中での競争が激化して、生存できるメーカーが限られてくるはずです。セキュリティに関しても開発のハードルが低い分、ウィルスの温床にもなりがち。それほど先行きが確かなものでもないような気がします。