インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

iCloudはクラウドにとって大きな意味を持つ

InforWorldのDavid Linthcumによる「iCloud’s big implications for cloud computing」という記事から。

Although Apple’s iCloud is a watered-down version of cloud computing, it will have a major effect on cloud perceptions

アップルのiCloudは、「薄めた」バージョンのクラウドコンピューティングであるが、クラウドの認識に大きな影響を与える。

iCloud

Apple’s iCloud is out. Like many of you, I spent part of the day playing around with the new features such as applications, data, and content syncing. I even purchased 20GB of cloud storage and sent a few items back and forth among my iPad, Mac, and iPhone. It’s a good upgrade, but not a great one.

アップルのiCloudが世に出た。皆さんの多くと同様、アプリケーション、データ、コンテンツの同期化などの新しい機能で何時間か遊んでみた。20GBのクラウドストレージも購入したし、iPad、Mac、iPad間でいくつかのアイテムを行ったり来たりもしてみた。確かにこのアップデートはいいが、すごいというほどでもない。

That’s a personal take. What about the implications for IT? As you might expect, the phone began to ring soon after iCloud’s debut last week. What does a “cloud guy” think about iCloud, and how will it benefit or hurt cloud computing itself going forward? There are two implications to consider.

これは個人的な感想だ。ITに対してはどのような意味を持つのか。おそらく期待しているように、iCloudが先週デビューしてからすぐに電話が鳴り始めた。「クラウドガイ」はiCloudをどのように思うのか、今後クラウドコンピューティングに利をもたらすのか、マイナスなのか。2つの意味が考えられる。

First, it’s cloud for the retail market. Many people who don’t work in enterprise IT will begin to see some advantages of cloud computing. The use of cloud storage is one. Storage-as-a-service providers such as Mozy and Dropbox have been around for years. But iCloud is already linked to your iTunes account and is native to Apple’s mobile productivity apps, so it’ll get broader adoption as a result. Now, when I mention storage as a service, more people will know what I’m talking about.

まず、リテールマーケット用のクラウドである。企業ITで働かない多くの人々はクラウドコンピューティングの利点を感じ始めている。クラウドストレージに利用はその1つだ。MozyやDropboxなどのStorage-as-a-serviceのプロバイダは数年間ビジネスを行っている。しかし、iCloudはすでにiTunesのアカウントにリンクされ、アップルの純正モバイルプロダクティビティアプリであるため、結果として幅広く採用されるであろう。サービスとしてのストレージといえば、多くの人は何について話しているかわかるようになるであろう。

Second, there is the potential for privacy issues that will be blamed on cloud computing. New applications in iCloud such as Photo Stream and Find My Friends have the potential for big privacy issues, such as tracking people who don’t want to be tracked, or uploading embarrassing photos by mistake. All of these will be user errors, trust me. But it won’t matter, as the press will blame it on iCloud, aka “the cloud.” Count on seeing iStalking or cloudstalking as a new meme at some point.

第二に、潜在的にクラウドコンピューティングで非難されているプライバシー問題がある。PhotoStreamやFind My FriendsなどのiCloudの新しいアプリケーションは、潜在的に大きなプライバシー問題になりかねない。すなわち、トラッキングされたくない人をトラッキングすることや、間違って気まずい写真をアップロードしてしまうことなどだ。これらすべてはユーザのエラーに違いない。しかし、そんなことは問題ではない。マスコミはiCloudをいわゆる「クラウドの1つ」として非難するだろう。どこかの時点で新しいミーム(人から人へと伝わっていく情報)として、iストーキングやクラウドストーキングが起こっても不思議ではない。

Those are the good and bad aspects of iCloud. However, it’s a progressive step toward acceptance that information stored on some server at some unknown location is not a bad thing. However, as with any new technology, you have to understand the advantages and disadvantages. Cloud computing and iCloud are no exceptions.

これらはiCloudの良いところと良くないところだ。しかしながら、どこかわからない場所にある何らかのサーバに情報が保管されることを受け入れていくための革新的な一歩であることは悪いことではない。しかし、新しいテクノロジーではどれでも、利点と欠点とを理解しなければならない。クラウドコンピューティングもiCloudも例外ではない。