インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

米労働省、求職者支援へFacebookとタイアップ

米国の失業率は高止まりで、深刻な状態になっています。そこで、求職者を支援するために米労働省がFacebookとチームを組んだそうです。

InformationWeekの「Facebook, Feds Team To Help Job Seekers」という記事からです。

The Department of Labor has teamed with Facebook and others to help people use social networks to find jobs.

米労働省はFacebook他と組み、ソーシャルネットワークを使って仕事を見つけられるようにした。

As part of the collaboration–in which the National Association of State Workforce Agencies, DirectEmployers Association, and the National Association of Colleges and Employers (NACE) also are participating–Facebook has launched a new page devoted to the initiative, called the Social Jobs Partnership. The page provides resources on training programs, educational opportunities, and job searching.

National Association of State Workforce Agencies、DirectEmployers Association、 National Association of Colleges and Employers (NACE)も参画する州労働局協業のひとつとして、Facebookはソーシャルジョブ・パートナーシップと呼ぶイニシアティブに特化した新しいページを立ち上げた。このページは、トレーニングプログラム、教育機会、仕事検索などのリソースを提供する。

米労働省、求職者支援へFacebookとタイアップ

Facebook also will post public service announcements online in targeted geographic areas experiencing high unemployment to drive traffic to the new page, according to the Department of Labor. Additionally, all of the Social Jobs Partnership’s partners are providing information about the employment resources and other services they have available on the page.

労働省によれば、Facebookはまた、新ページへのトラフィックを増やすため、高い失業率となっている地域をターゲットとして、サービスのアナウンスをする予定としている。さらに、ソーシャルジョブ・パートナーシップのパートナーの全ては、就職リソースやその他の利用できるサービスに関する情報を同ページに掲載している。

In addition to leveraging Facebook itself, the Social Jobs Partnership also will engage in research to find out how job seekers, college career centers, and recruiters are using social networks to either find jobs or hire employees.

Facebook活用に加えて、ソーシャルジョブ・パートナーシップは求職者、大学のキャリアセンター、リクルーターが、仕事を探す、あるいは社員を雇うために、いかにソーシャルネットワークを使っているかの調査にも関与する。

Partners also will research and create systems that can deliver job postings virally through Facebook free of charge, as well as promote existing public-sector employment programs and resources through social media, they said.

パートナーはまた、求人情報をFacebookを通して口コミ的に無料で提供し、既存の公的な就職プログラムやリソースをソーシャルメディアを通して促進するシステムを調査、構築するとしている。

Finally, the partnership will provide recruiters, government agencies, and job seekers with educational materials about how to use social media effectively.

最後に、パートナーシップは、リクルーター、政府機関、求職者に、ソーシャルメディアをいかに効果的に使うかについての教育教材を提供していく予定。

— ソーシャルメディアが仕事探しのメディアの1つになるのは、ある意味必然。おそらく今後、主たるメディアになっていくのではないかと思う。米労働局がそこに飛びついた格好だが、そこが特筆すべき点かと。