インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Oracle Open Worldの良かった点、駄目だった点

先週Oracle Open Worldが開かれ、ついにオラクル初のパブリッククラウドが発表されました。そのOracle Open Worldで何を如何にコミュニケーションされたのか、InformationWeekの「5 High Points And Low Points At Oracle Open World」を見てみましょう。

Low point: Ellison’s opening night keynote address.

駄目だった点:エリソン氏のオープニングナイトのキーノート

This year’s Saleforce.com Dreamforce event was big, but Oracle OpenWorld felt bigger–with more than 475 exhibitors and 45,000 attendees reported, and a huge crush of people at Ellison’s opening speech. He served up his usual shtick, punching and jabbing IBM and HP while explaining the company’s engineered systems strategy.

今年のSalesforce.comのDreamforceイベントは大きなものだったが、Oracle Open Worldはより大きいもに感じた。475以上の出展者、45000人の参加者と報告されておりエリソンのオープニングスピーチには大勢の人が集まった。いつものお決まりのヤツをやった、つまり、IBMとHPにパンチとジャブをあびせるとともに、同社のシステム戦略を説明した。

Unfortunately, Ellison went 10 rounds talking just about the Exadata and Exalogic platforms, both introduced last year, and then the Sparc SuperCluster, announced the previous week. In fact, Ellison’s keynote was mostly a reprise of his T4 server presentation, and I’m not the only observer who was worn out by the time he finally got around to the new news, the Oracle Exalytics Business Intelligence Machine. That left just two rounds to explain what that in-memory-powered machine does and why it will matter to businesses. But Ellison kept going with a series of hardware-tech-stat jabs.

残念ながら、エリソン氏は10ラウンドまでExadataとExalogiプラットフォームについて語った。これらはいずれも昨年発表されたものだ。その後、Sparc SuperClusterについて語ったが、こちらは前週に発表されたものだ。事実、エリソン氏のキーノートはほぼT4サーバのプレゼンの繰り返しで、やっと新しいニュース、つまりOracle Exalytics Business Intelligence Machineについて語り始めるまでに疲れ果てていたのは渡し一人ではなかった。in-memoryを装備したマシンに何が出来るのか、それがビジネスに何故意味を成すのかを説明するために残されたのは、たった2ラウンドしかなかった。しかしエリソン氏はハードウェアの技術面の話を延々続けたのだった。

— CEOとして何を語るべきだったのか、ということでしょうね。

High point: Kurian and Rodwick clear things up.

良かった点:キューリーン氏とロドウィック氏が明確にした。

In his Monday keynote, Kurian, executive VP of product development, delivered a high-level yet detailed overview centered on middleware but highlighting key announcements at the event, including Exalytics, a new Big Data Appliance, new application mobility options, and more. He managed to artfully weave in a product-by-product rationale for each engineered system…

月曜日のキーノートで、製品開発担当副社長のキューリーン氏は、ミドルウェアを中心に、E新しいビッグデータアプライアンスであるExalystics、新しいアプリケーションモビリティオプション他、イベントでの主たるアナウンスメントを強調しながら、ハイレベルながら、詳細な概要を説明した。各システムの合理性を製品ごとに見事に組み立てた。

Paul Rodwick, VP of product management, went even deeper during a press conference, explaining that the machine will run Oracle Business Intelligence Foundation software and support the TimesTen relational database and Essbase multidimensional database simultaneously. That means Exalytics will support all current Oracle Business Intelligence Enterprise Edition (OBIEE) applications unchanged, he explained, noting a contrast with SAP’s Hana appliance, which is running purpose-built apps.

プロダクトマネージメント担当副社長のポールロドウィック氏は発表会でさらに詳細に、マシンではOracle Business Intelligence Foundationソフトウェアが動作し、TimesTenリレーショナルデータベースとEssbaseマルチディ面書なるデータベースを同時にサポートすることを説明した。これはExalyticsが現行のOracle Intelligence Enterprise Edition(OBIEE)アプリケーションを変更することなくサポートするということであり、特定目的のアプリケーションが動作するSAPのHanaアプライアンスと対照的であると説明した。

Mind you, there aren’t many applications that call for Exalytics speed and capacity, and the applications that do will probably have to be built from scratch or, if they exist, rebuilt to take advantage of Exalytics’ attributes. Nonetheless, Kurian and Rodwick brought depth and credibility to Ellison’s Exalytics bravado.

注意すべき点では、Exalyticsのスピードとキャパシティを必要とするアプリケーションはそう多くなく、あるとしても、そのようなアプリケーションは、Exalyticsの持つ特性を活かすためには、スクラッチから構築するか、再構築する必要がある。いうまでもなく、キューリーン氏とラドウィック氏はエリソン氏のExalyticsについての虚勢に対し、より深く、信憑性を与えた。

Low point: Hurd comes up short.

駄目だった点:ハード氏は期待はずれ。

The Oracle president and former HP CEO has a reputation for running a tight financial ship and having strong sales skills, but he might as well have phoned in his performance as a keynote presenter. He promised to “talk about strategy” and “provide context for how Oracle’s technology fits into a framework,” but he never delivered. Hurd spent all of 10 minutes on stage on Monday morning, and more than half of that time was taken up by a two sound-bite-laden, buzzword-filled videos: one on 2011 achievements and the other on what’s ahead for 2012. A sample of the depth of “strategy” and “context” offered in those videos? Oracle’s other president, Safra Catz, saying, “We are big data, and we’re also the cloud.”

オラクルの社長であり、前HPのCEOは、緊縮財政で経営することで有名であり、強力な営業スキルを有している。しかし、またキーノートプレゼンターとしての能力を示してしまったかもしれない。同氏は、「戦略について語る」こと、「オラクルの技術がフレームワークにいかにフィットするかというコンテクストで」と約束したものの、一切語られなかった。ハード氏は、月曜朝のステージで10分間全てを費やし、その半分をショートインタビューやバズワードだらけの2本のビデオで費やした。1つは2011のアチーブメントについてであり、もう1本は、2012に何があるかについてだ。戦略やコンテクストの詳細な例がこのようなビデオにあるものなのか?オラクルのもう一人の社長サフラキャッツ氏いわく、「我々はビッグデータであり、またクラウドだ」

— 社長としての役割を果たしていないと言いたいようだ。

High point: Mendelsohn details the big data strategy.

良かった点:メンデルソーン氏はビッグデータ戦略の詳細を説明した。

Like Kurian, Mendelsohn knows his stuff, and he’s ready to answer any question. I was critical of a presentation he gave earlier this year to a bunch of financial analysts, but it’s clear Mendelsohn knows his audience. In a Tuesday keynote to a more technical crowd, he offered cogent and accessible explanations of big data and the open source Hadoop and R technologies, both key ingredients of Oracle’s new Big Data Appliance. During a follow-up press conference, he was objective and downright realistic in saying “the reality is that there are not a lot of people that can use Hadoop as yet.”

キューリーン氏同様、メンデルソーン氏は自身の仕事を良く理解しており、あらゆる質問に答える準備が出来ていた。私は、彼が今年初めにファイナンシャルアナリストに対して行ったプレゼンテーションについては批判的だが、メンデルゾーン氏は聴衆を理解していることは明確だ。火曜日のより技術よりの聴衆に対するキーノートで、ビッグデータ、オープンソースのHadoop and R技術について適切かつ分かりやすい説明を行った。これらはOracleの新しいビッグデータアプライアンスの主たる要素である。プレス発表の後、客観的かつ極めて現実的だった。「現実には、Hadoopを使える人はまだ多くない」と。

High point and low point: Ellison talks cloud, social networking, and Fusion.

良かった点:エリソン氏がクラウド、ソーシャルネットワーク、Fusionについて語ったこと。

Ellison’s second keynote, on Wednesday afternoon, started out strong, but it petered out in a long demo that should have been handled by a Fusion CRM product manager. Ellison was back on the safe ground of software, and he did a masterful job of explaining the strategy and the thinking behind Fusion Applications. He was forthright in admitting it took six years rather than four, and he explained the solid technical reasons for leaving things like security and BI to the middleware rather than complicating the applications.

水曜日午後のエリソン氏の2回目のキーノートは、力強くスタートしたが、Fusion CRMプロダクトマネージャがやればよかったような長いデモにより次第に萎んでいった。エリソン氏はソフトウェアについては安全地帯におり、Fusionの戦略と考えについての説明では素晴らしい仕事をした。同氏は4年ではなく6年要したことを素直に認め、セキュリティやBIについては、アプリケーションを複雑にするよりは、ミドルウェアにしたほうがいいとする堅牢な技術的理由を説明した。