インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

クラウドへのシフト:変化に対する抵抗を打ち破れ-その1

現状維持が一番で、変化を好まない。保守的な人が多いように思う。クラウドの採用や移行に関しても同様だ。そんないわゆる抵抗勢力に会った時はどうすればいいのか。

CloudTweaksの「The Shift to Cloud Computing: Overcoming Resistance to Change – Part 1(クラウドへのシフト:変化に対する抵抗を打ち破れ-その1)」の解決策を見てみましょう。

1. People believe that the cost of change is more than the cost savings possible after the change.

1.人は、変更のコストは、変更後に実現するコスト節約を上回ると考える

This can be countered by providing detailed information about both the cost of the shift to cloud computing and the projected cost savings after implementation. Of course, not all employees need all the information; each employee, depending on company hierarchy, should be presented as much information as required to convince him as to the benefits of the move to the cloud. The cost savings may be under different heads as described in an earlier article (See: How Cloud Computing Can Save You Money ).

これに対しては、クラウドコンピューティングへシフトするコストと、実装後に想定されるコスト節約額の両方の詳細な情報を提供すれば反論できる。もちろん、全ての社員が全ての情報を必要とするわけではない。会社の階層に応じて、各社員に対して、クラウドへ移行することの利点を納得するに十分な情報を提供すべきだ。コスト節約は以前の記事に書いたように異なる項目下になるかもしれない。(「クラウドコンピューティングが如何にコスト節約になるか」参照)

2. People fear they are not competent enough to make the change successful.

2. 人は、変化を成功裏におさめるに十分な能力を持ち合わせていないことを恐れる

This can be countered by reassuring them that cloud computing merely builds upon existing technologies and will not require a radical shift in knowledge to master. Of course, sufficient programs to educate and train people will make this assurance more convincing. Programs such as the one being offered by the University of Washington (See: Cloud Computing Goes Mainstream with University Certification Course).

これに対しては、クラウドコンピューティングは単に既存技術の上に構築されたものであり、習得する知識を大きく変える必要はないことを再確認することにより反論できる。もちろん、十分な教育とトレーニングプログラムによりもっと確かなものになる。プログラムとはワシントン大学で辞しされているようなものだ。(「クラウドコンピューティングが大学の資格コースとなり、主流に加わった」参照)

3. People feel they have no role models for such change.

3.人は、かかる変化に参考事例がないと感じる。

This can be countered by showcasing companies that have embraced cloud computing. These companies would include not only new entities that have made cloud computing a part of their corporate strategy from the very beginning (See: Zynga, the Latest Cloud Computing Success), but also those who have adopted it at a later part of their lives (See: Cars on the Cloud: Microsoft and Toyota Join Hands in Cloud Computing Space).

これに対しては、クラウドコンピューティングを受け入れた企業を事例として提示することにより反論できる。このような企業には、当初から企業戦略の一部としてクラウドコンピューティングを取り入れている新興企業(最新のクラウドコンピューティングの成功事例:Zinga参照)のみならず、ある程度経った後に採用した企業も含まれる。(「クラウド上の車:マイクロソフトとトヨタが、クラウドコンピューティング分野で提携」参照)

4. People feel that proponents of change have ulterior motives.

4.人は、変化を支持する人には、裏に何かあると感じる。

This can be countered by clarifying that a shift to cloud computing will not result in layoffs, especially in the IT department. When a company takes to the cloud, a lot of operations are outsourced to cloud computing service providers, thereby lessening the workload of the in-house IT department. However, the employees there can be retrained for other functions, or even absorbed in the providers’ operations. Buy-in from other employees can be obtained by emphasizing how such a shift will improve revenues and reduce costs, thereby increasing profitability for the company that may trickle down as enhanced performance bonuses.

クラウドコンピューティングへの移行は、特にIT部門のレイオフに結びつかないことを明確にすることにより反論できる。企業がクラウドを採用する場合、多くの業務がクラウドコンピューティングのサービスプロバイダにアウトソースされることになる。それにより、社内のIT部門の負荷を軽減することができる。しかし、そこにいる社員は、再教育し別の業務をこなすか、プロバイダの業務に吸収することも可能だ。他の社員からの支持を得るには、シフトが売上を向上させ、コストを削減し、従って、企業の利益を向上させるため、ボーナス増加につながることを強調すればよい。