インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

時代はモバイルクラウドコンピューティングへ

SearchCloudComputingのサイトで「モバイルクラウドコンピューティング時代の到来(Enterprises usher in mobile cloud computing)」という記事が出ています。モバイルクラウドコンピューティングとモバイルコンピューティングは違うらしい。

Mobile cloud computing is not mobile computing

モバイルクラウドコンピューティングはモバイルコンピューティングにあらず

In the past two years, mobile cloud computing has gained interest among a limited number of enterprises. Even though they may sound similar, mobile computing and mobile cloud computing are very different.

過去2年、モバイルクラウドコンピューティングは限定的な企業間で関心を集めていた。同じように聞こえるかもしれないが、モバイルコンピューティングとモバイルクラウドコンピューティングは全く異なる。

In traditional mobile computing environments, mobile applications run on a mobile device with the application data stored on the device. Running a mobile application has some advantages, most importantly, no latency or network bandwidth problems. But applications that run on mobile devices are generally limited in functionality and are not business-class applications.

これまでモバイルコンピューティング環境では、モバイルアプリケーションは、モバイルデバイス上で動作し、アプリケーションデータはデバイス上に保存される。モバイル上でアプリケーションを動作させることは、いくつかの利点がある。主として、遅延あるいはネットワークのバンド幅が問題になることはない点だ。しかし、モバイルデバイス上で動作するアプリケーションは一般的に機能的に制限されており、ビジネスクラスのアプリケーションではない。

— クラウドコンピューティングをモバイルから試用するとモバイルクラウドコンピューティングか。

Mobile cloud computing applications, however, run on servers that reside in the cloud. Application data also resides in the cloud and results are fed back to the mobile device over a network. This allows users to run more robust applications. There are problems, however, such as latency and network bandwidth issues for the transfer of data between the mobile cloud and the mobile device.

一方、モバイルクラウドアプリケーションはクラウド内にあるサーバ上で動作する。アプリケーションデータはクラウド内にあり、結果がネットワークを通してモバイルデバイスに送り込まれる。これにより、ユーザはより洗練されたアプリケーションを実行できる。しかしこれには問題がある。モバイルクラウド、モバイルデバイス間データ転送にまつわる遅延やネットワークバンド幅の問題だ。

What’s good and bad about mobile cloud

モバイルクラウドの利点と欠点

Mobile cloud computing has its highs and its lows. Here are a number of advantages associated with mobile cloud computing:

モバイルクラウドコンピューティングには利点と欠点がある。モバイルクラウドコンピューティングに関連した利点は以下の通り。

  • Users can share resources and applications without a high level of capital expenditure for hardware and software resources.
  • Highly expensive and technical hardware is not necessary to run complex applications that run in the mobile cloud, which can reduce costs.
  • Mobile cloud computing allows developers to have access to a larger market.
  • Developers do not need to make a new build for each mobile device because processing and data is stored in the cloud.
  • Applications run through a browser, so the end user’s mobile device OS does not affect mobile applications. This allows developers to bypass restrictions that might be created using mobile operating systems.
  • ハードウェアやソフトウェアのリソースに対する高額な資産投資をせずとも、ユーザはリソースやアプリケーションを共有可能。
  • モバイルクラウド上で複合的なアプリケーションを動作させるのに、非常に高価で技術的なハードウェアは不要。したがってコストを削減可能。
  • モバイルクラウドコンピューティングにより開発者は大規模な市場へアクセスできるようになる。
  • 開発者は書くモバイルデバイスごとに新規ビルドを行う必要がない。何故なら処理とデータはクラウド上に保存されるだめ。
  • アプリケーションはブラウザを通して動作する。従ってエンドユーザのモバイルデバイスのOSによってモバイルアプリケーションが左右されることはない。これにより、開発者はモバイルOSを使うことにより作っていたかもしれない制約を回避することができる。

But no technology is perfect. And while mobile cloud computing has its advantages, it’s not without challenges. Many IT organizations must address the following issues directly or work with others in the enterprise to address them:

しかし、いかなる技術も完璧ではない。モバイルクラウドコンピューティングは利点があるが、チャレンジもある。多くのIT部門は、以下の問題に、直接的に対応するか、企業内の他部署と協調して取り組まねばならない。

  • Security: Internal communications no longer run over a private network; some run over less-secure public carrier networks.
  • Mobile software: The software must run on multiple, frequently updated OSes and work with other mobile applications.
  • Network availability and intermittency: A cloud application needs a constant connection; as mobile Internet capabilities improve, this will become less of an issue. HTML 5, which enables data caching through a mobile device, allows a mobile cloud application to continue working even if a connection is lost momentarily.
  • Device division: Safely divides a single mobile device between professional and personal uses.
  • Application development: Enterprises must determine whether to develop mobile applications internally or wait for key application vendors to come out with mobile device versions, such as table versions, of applications.
  • Application downloading: Enterprises must determine if they should create an in-house enterprise mobile application store to ensure users download only enterprise-approved mobile applications.
  • Remote management of mobile devices: Enterprise mobile device management tools enable IT teams to manage mobile devices by setting policies, configure devices to perform remote wipes, create enterprise sandboxes or secure virtual areas and keep personal data separate from corporate data using tools like encryption and passwords.
  • セキュリティ:内部のコミュニケーションはもはやプライベートネットワーク上で行われるわけではない。一部はより安全でないパブリックなキャリアネットワーク上で行われる。
  • モバイルソフトウェア:ソフトウェアは複数の、しかも頻繁にアップデートされるOS上で動作しなければならず、また他のモバイルアプリケーションと共存できなければならない。
  • ネットワークの可用性と断続性:クラウドアプリケーションは継続的なコネクションを必要とする。モバイルのインターネット接続性が向上するにつれ、この点は大した問題ではなくなってきている。モバイルデバイスでデータキャッシングを可能にするHTML5では、コネクションが一時的に切れた場合であっても、モバイルクラウドアプリケーションを継続して動作させることができる。
  • デバイスの使いわけ:1つのモバイルデバイスを業務利用と個人利用とに安全に使い分けること。
  • アプリケーション開発:企業はモバイルアプリケーションを内部で開発するか、キーアプリケーションのベンダーがモバイルデバイスバージョンを出してくれるのかを待つのか、いずれかを決断しかければならない。
  • アプリケーションのダウンローディング:企業は、社内で認めたモバイルアプリケーションだけをダウンロードさせるよう、社内のモバイルアプリケーション・ストアを立ち上げるかどうかを決定しなければならない。
  • モバイルデバイスのリモート管理:企業のモバイルデバイス管理ツールにより、IT部門がポリシーを設定するたものモバイルを管理したり、リモートワイプを実施するためにデバイスを構成したり、企業のサンドボックスを構築したり、暗号化やパスワードのようなツールを使って仮想エリアを確保し、企業データと個人のデータを分離することが可能になる。
  • In terms of mobile device policies and processes, IT organizations have some experience with the widespread use of notebooks, for example. Compounding the difficulty is the large number of mobile devices (not just notebooks) that will be in use in the enterprise in the future. Some policies and processes will have to change and new ones will need to be added to meet these increased numbers:

    モバイルデバイスのポリシーとプロセスに関して、IT部門は例えば、ノートブックが幅広く使われたという経験がある。より複雑になるのは、将来、多数のモバイルデバイス(単にノートブックではなく)が使用されるようになるということだ。ポリシーやプロセスの一部は変更する必要があり、数が増えることに対応したものを追加する必要がある。

    • What changes will need to be made to configuration management and management processes? What effect does mobile cloud computing have on the help desk? Old manual processes cannot keep up with the number of mobile devices employees use.
    • Which mobile applications can be used for business?
    • How will IT teams need to handle company-owned data on employee’s mobile device if it’s lost or stolen?
    • How is company owned data on mobile devices partitioned from personal data?
    • Who is allowed to use mobile devices?
    • Who is responsible for technical support of mobile devices?
    • Which policy is best for employee-owned mobile devices:
      • End users sign consent forms in which they agree to have software installed on their devices to synchronize email, calendars, etc.
      • Users grant permission to IT teams to allow remote wiping of lost or stolen mobile devices
      • Users confirm they will adhere to enterprise-defined usage policies
      • Will mobile device users be allowed to upgrade software without enlisting IT?
    • 構成管理、プロセス管理にどのような変更を加える必要があるか。モバイルクラウドコンピューティングはヘルプデスクにどのような影響があるか。かつてのマニュアルプロセスは、社員が使うモバイルデバイスの数についていけない。
    • どのモバイルアプリケーションが業務で使えるか。
    • 紛失あるいは盗難にあった場場合、社員のモバイルデバイス上の企業データをIT部門はいかに取り扱うか。
    • モバイルデバイス上の企業データは個人データといかに分割するか。
    • 誰がモバイルデバイスを使えるのか。
    • モバイルデバイスのテクニカルサポートの責任者は誰か。
    • 社員所有のモバイルデバイスについてベストなポリシーは何か。
      • エンドユーザはメール、カレンダー等を同期するためにデバイスにインストールするソフトウェアの同意書にサインすること。
      • ユーザはIT部門に紛失、あるいは盗難にあったモバイルデバイスのリモートワイプの使用を許可する。
      • ユーザは企業が定義した使用ポリシーを支持すること。
      • モバイルデバイスユーザはITの支援なしにソフトウェアをアップグレードすることを許可されるか。