インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

IT業界の国際競争力、日本は4ランクダウンで16位

非営利の事業者団体であるBSA(Business Software Alliance)が世界60カ国を対象に、IT業界の競争力を調査比較した結果を公表している。2007年から2年おきに行われているこの調査によると、2011年、IT業界の国際競争力1位は米国、2位フィンランド、3位シンガポールと続き、日本は第16位、2009年の12位から4ランクダウンとなっている。

このランク付けは、ビジネス環境、ITインフラ、人材、研究開発環境、法的環境、IT業界の発展サポートという6項目ごとに評価し、それぞれを10%、20%、20%、25%、10%、15%の重み付けで計算した結果に基づいている。

Maintaining investment levels during an economic downturn is no easy feat, but business leaders know the benefit: the ability to compete at a higher level when markets recover. The same may be said of the information technology (IT) industry and national governments, as continued attention to factors such as education, research and development (R&D), high-speed communications networks, and access to finance is needed to ensure the sector’s global competitiveness in the longer term.

経済が下降しているさなか、投資レベルを維持するのは、簡単なことではない。しかし、ビジネスリーダはその利点を理解している。すなわち、市場が回復した際により高いレベルで競合できる能力だ。同様のことがIT業界および政府機関にも言える。つまり、その分野でのグローバルな競合力を確かなものにするためには、教育、研究開発、ハイスピードコミュニケーション・ネットワーク、財務情報へのアクセスなどの要素に継続的に目を配ることが長期的に必要であるということだ。

— ごもっとも。

The virtue of sustained investment in the enablers of sector competitiveness is borne out in the 2011 IT Industry Competitiveness Index. The two years since the last study have been the leanest financial times IT producers have known in a decade, and for many governments—in at least a generation. But countries that have seen continued investment in key competitiveness enablers such as the R&D environment, talent and skills are notable gainers in the 2011 Index.

各分野での競争力を実現するものに継続的に投資している効果が、2011年度IT業界の競争力インデックスに表われている。前回の調査から2年は、ITプロデューサがこの10年間理解している通り、そして多くの政府にとっても、財務的に厳しい状態であった。しかし、研究開発、タレント、スキルなどの競争力実現のための鍵となるものに投資し続けた国は2011年のインデックスで著しくランクアップしている。

For example, despite its obvious economic problems, or perhaps because of them, Ireland appears to have redoubled efforts to cultivate one of the world’s most competitive environments for IT producers. Private-sector R&D spending was up in the early part of the downturn (as was enrolment in science programs). With IT patent generation also increasing, the effect is to boost Ireland’s score for the R&D environment and advance the country to joint 8th position this year from 11th in 2009. A similar improvement in the R&D environment, with higher private-sector spending along with increased patent activity, lifts Israel from 13th to joint 10th. And significant improvement across all R&D environment indicators, as well as in higher education enrolment, has boosted India ten places to joint 34th this year.

例えば、明らかな経済問題にも関わらず、あるいは多分だからこそ、アイルランドは、ITプロデューサにとって世界で最も競争力のある環境の1つに育てるため、倍旧の努力を払ってきている。下降の初期段階で、プライベートセクターの研究開発費は増加している(サイエンスプログラムの登録も同様)。ITの特許生成もまた増えており、これらの努力がアイルランドの研究開発環境のスコアを押し上げ、同国を2009年の11位から今年の8位タイに躍進している。研究開発環境における同様の改善と、プライベートセクターにおける支出の上昇、特許活動の増加により、イスラエルは13位から10位タイにランクアップしている。研究開発環境のあらゆる指標での大いなる改善と、高等教育学生数の増加により、10位ランクアップし、34位タイに躍進している。

国名 スコア 2011年ランク 2009年からの変化
Flag of United States米国 80.5 1
Flag of Finlandフィンランド 72.0 2
Flag of Singaporeシンガポール 69.8 3 +6
Flag of Swedenスウェーデン 69.4 4 -1
Flag of United Kingdom英国 68.1 5 +1
Flag of Denmarkデンマーク 67.9 6 +2
Flag of Canadaカナダ 67.6 7 -3
Flag of Australiaオーストラリア 67.5 8 -1
Flag of Irelandアイルランド 67.5 8 +3
Flag of Netherlandsオランダ 65.8 10 -5
Flag of Israelイスラエル 65.8 10 +3
Flag of Switzerlandスイス 65.4 12 +2
Flag of Taiwan台湾 64.4 13 +2
Flag of Norwayノルウェー 64.3 14 -4
Flag of Germanyドイツ 64.1 15 +5
Flag of Japan日本 63.4 16 -4
Flag of Austriaオーストリア 61.4 17 +5
Flag of New Zealandニュージーランド 61.3 18 +1
Flag of South Korea韓国 60.8 19 -3
Flag of Hong Kong香港 60.8 19 +2

There are other noteworthy upward shifts in 2011. Singapore, advancing to 3rd position in the table, has benefited from a vastly improved score in the human capital environment. Its northern neighbour Malaysia has jumped to 31st place thanks to much improved performance in its R&D indicators—and especially in IT patent activity. Germany, Austria, Poland and Turkey are other countries registering significant gains due to improvement in one or both of these Index categories. Conversely, Lithuania (41st) and Russia (46th) have fallen back several places due mainly to a decline in scores in the key R&D category.

2011年にはこの他に注目すべきランクアップが存在する。3位に躍進したシンガポールは、人材環境での大きなスコア改善が寄与している。その北隣のマレーシアは、研究開発の指標での大きな改善、特にIT特許活動により31位にジャンプした。ドイツ、オーストリア、ポーランド、トルコはこれらインデックスのいずれか1つ、または複数で分野の改善により、大きくゲインした国だ。対照的に、リトアニア(41位)、ロシア(46位)は、鍵となる研究開発の分野でスコアが下がったことが主要因で数ランク下がった。

The US is probably the world’s best example of the virtues of long-term investment in the enablers of IT sector competitiveness. The US tops the Index once again, its high scores across all categories reflecting not only the historical strength of its IT industry but also the high quality of its education and talent environments, its strong encouragement of innovation and entrepreneurialism, and its well developed legal system. Recent economic and fiscal problems have not dented its clear IT industry strengths.

米国は、恐らくITセクターの競争力を実現するものに長期的に投資している、世界の中でも最も良い例だ。米国は再度ランク1位で、IT業界が歴史的に強いことのみならず、教育および人材の環境面で高い品質、イノベーションやエントレプレナーシップを強力に奨励、非常に良く出来た法システムを反映して、全てのカテゴリで高得点を得ている。最近の経済上および財務上の問題は、IT業界の明らかな強みを弱めることはなかった。

— 日本は項目別だと、

ビジネス環境:23位、ITインフラ:15位、人材:14位、研究開発環境:7位、法的環境:20位、IT業界の発展サポート:29位

ビジネス環境、法的環境、IT業界の発展サポートがランクを下げる要因になっているようです。これらは政府がイニシアティブをとってやっていく分野です。何とかしてもらわないと。