インフィニティソリューションズ株式会社ブログ

Firefox、リリースのペースを変更へ

Firefoxが6週間という短期間にどんどんアップグレードしていく、という計画を実行しており、ついしばらく前にバージョン3.xだったものが、気が付けばいつの間にやらバージョン7へとむかっている話を以前紹介しました。

ところが、今度はペースダウンするという話が飛び込んできました。

informationweekの「Firefox Enterprise Support: Mozilla Changes Its Tune」です。何が起こっているのでしょうか?

Having been chastened for its decision to focus on release speed rather than product continuity, Mozilla has decided to rethink its Firefox release cycle.

製品の継続性よりもリリーススピードを重要視するという決定に対する反発にあい、ModillaはFirefoxのリリースサイクルを再考することにした。

Mozilla shifted to a six-week rapid release cycle for Firefox earlier this year to keep up with the pace of Google Chrome releases. But the change proved untenable for large corporate users of Firefox, such as IBM, who couldn’t test and validate Firefox releases before a new version had been released and support for the old version had been dropped.

Mizillaは今年初め、Firefoxに関し、6週というラピッド・リリース・サイクルにシフトし、Google Chromeのリリース・ペースに追いつこうとした。しかし、新バージョンがリリースされ、旧バージョンが消える前にFirefoxをテストし確認することができずにいたIBMなど、Firefoxを利用する大手企業にとって、この変更が受け入れがたいものであることが明らかになった。

— そりゃあ、大手企業のとっては、準備の時間がないに等しい。下手すれば、動き出す前に、新バージョンがリリースされているなんていう事態になってしまいますから。

To make matters worse, statements from Mozilla employees suggested that enterprise concerns were not a priority, a gaffe that Microsoft immediately pounced on.

さらに悪いことに、Mozilla社の社員の発言は、企業(ユーザ)の課題に取り組みことは重要ではないという意味のことを言っており、マイクロソフトも非礼極まりないと非難した。

— そりゃ当たり前ですね。

Caught in the middle ground between a company committed to competing with speed and a company committed to maintaining its threatened position as the dominant business software provider, Mozilla recognized it could not abandon its enterprise supporters and promised in July to make amends by reviving the Mozilla Enterprise User Working Group (MEUWG).

スピードで競争していこうとする企業と、独占的なビジネスソフトウェアのプロバイダーとしての地位を維持していこうとする企業との中間的なポジションにいるため、Mozillaは企業のサポーターを無視できず、7月には、Mozillaの企業ユーザのワーキンググループ(MEUWG)を復活することにより、償うことを約束したのだ。

— GoogleとIEの中間的なポジションにいることは間違いありません。

As a result of a MEUWG conference call last month, Mozilla says it will offer an Extended Support Release (ESR) of the desktop version of Firefox. The mobile version of Firefox is not part of this program. ESR releases will be maintained for seven release cycles, or 42 weeks, and point releases of Firefox will coincide with mainline Firefox releases.

先月のMEUWGの電話会議の結果、Mozillaはデスクトップ版Firefoxについて、延長サポートリリース(Extended Support Release: ESR)にすると語った。モバイル版は個の形にはならない。ESRリリースはリリースサイクル7回、すなわち42週維持され、Firefoxの単発リリースはメインラインのFirefoxリリースと時を同じにすることになる。

“To permit organizations sufficient time for testing and certification, the ESR will have a two cycle (12 week) overlap between the time of a new release and the end-of-life of the previous release,” Mozilla says in its proposal. “This will allow organizations to qualify and test against Aurora and Beta builds for twelve weeks leading up to the ESR, and an additional 12 weeks to certify and transition to a new ESR.”

企業にテストと認証に十分な時間を用意するため、新リリースと終了する予定の前バージョンとを2サイクル(12週間)オーバーラップさせることした。これにより、企業はESRに向けて、アルファ版、ベータ版を評価、テストすることができ、新ESRへの移行に12週間かけることができる。

Beyond merely making its enterprise users happy, Mozilla notes that one of the principal benefits of the ESR will be “[giving] deployment groups an alternative to IE for their users.”

単に企業ユーザをハッピーにするだけにとどまらず、Mozillaによれば、ESRの主たる利点の1つは、ユーザにIEの代替を実装グループに提供することだ、としている。

— Google Chromeと競争するために方針を変更したのでしょうが、早い話が「顧客」を見誤ったのではなかろか。